PR

会員登録(無料)

ログイン

青物&根魚狙いのアジ泳がせと手堅いコマセ五目のリレー釣り(良栄丸/千葉県相浜港)

隔週刊つり情報編集部

今回はユニークな乗合船を出している南房相浜港・良栄丸の取材。

10月下旬、釣友2名とともに同港へ向かった。
 
良栄丸が得意とするメニューは、早朝にアジを釣り、その場で釣れたアジをエサに泳がせ釣りをしたのち、コマセ五目に転ずるリレー釣り。
 
泳がせ釣りの主なターゲットはハタやヒラメで、この時期はカンパチなどの青物も回遊。

今秋は1.5~3.5kgのカンパチが好調に釣れているとのことで期待が高まる。

サビキにギューン!?

当日の乗船者は私たち3名を含めた総勢4名。

四隅に分かれて支度を済ませ、午前5時に出船となった。
 
15分ほど走って相浜沖のポイントに到着、水深10~15m前後の岩礁帯とのこと。

「上から8mでやってください」
 
アジ用のサビキ仕掛けを投入。

タナに合わせると早々にアジが単発で上がり、しばらくしてコマセが効き始めるとダブル、トリプルで釣れ上がる。

サイズは泳がせのエサにちょうどいい15~20cmほどの小型だが、金色を帯びていて実にうまそうだ。

「エサで余ったアジは持って帰りなせぇーよぉ。うまいからよぉー」と船長。
 
すると「あー!やられたぁー!」と右トモの中川さんが悲鳴を上げた。
 
話を聞くと、「サビキに掛かったアジに食いついてギューン、バチンよ」と悔しさをにじませていた。

「それは残念でしたね」と言った私も、直後にギューンときてバチン。

一瞬の出来事で仕掛けをそっくり持っていかれてしまった。

「両方ともカンパチだね。そろそろ泳がせを始めなせぇーよぉ」と船長。
 
そこで、全員泳がせの道具を下ろして準備万端。

指示ダナはアジと同じで海面から8m。

すると釣友の塙くんが竿をしならせた。

いよいよカンパチのお出ましか!と思ったが、上がってきたのはアカヤガラ。
 
アカヤガラは長い口が特徴で、主に岩礁の周りを遊泳し、その長い口で岩場のすき間にいる甲殻類や小魚を捕食するらしい。

南房で近年増えており、刺身や焼き物にするとおいしい魚だ。
 
続いて中川さんにアタリ。

これもアカヤガラだ。
 
それをカメラに収めて席に戻った私の竿にもコツコツ。

早合わせは厳禁、ギューンと竿が絞り込まれたところでエイヤッと合わせを入れるとグイッと竿が曲がった。
 
浮かび上がってきたのは赤くて長いシルエット、またまたアカヤガラだ。

釣行の写真

釣り場は相浜沖の水深15~20m前後

釣り人の写真

アジのサイズは泳がせのエサにちょうどいい15~20cmほど

釣り人の写真

アカヤガラが近年増えている

釣り人の写真

当日は泳がせ釣りでアカヤガラが3尾上がった

安定のイサキ

その後もアジは釣れたが、泳がせにはヒットしなくなり、「そろそろコマセに行きましょ~」と7時半に移動。
 
15分走ってポイントに到着。

水深は15~20mほど。

ここも岩礁帯で海面から10mの指示ダナで再開する。
 
コマセ五目の主なターゲットはイサキやマダイ、カンパチなどの青物。

私は大物に備えてハリス6号8mの仕掛けをチョイス。

もちろん泳がせの竿もセットして、全員が2本竿でのトライだ。
 
しかし、どちらの竿にも反応がない。

「この潮だと魚も手強いなぁー。この間までこんなんじゃなかったけど・・・」と船長。
 
冷え込みによる水温低下と極端に水色が澄んでしまったのが原因らしい。
 
それでも魚がいないわけではなく、誘いを入れればイサキがポツポツ上がる。
 
突如、塙くんの泳がせ竿がギュギュンと派手に絞り込まれる。

しかし、竿を手にする前にバレてしまった。
 
仕掛けを上げるとハリスが切れている。

私が「このエリアで以前モロコが上がったのを見たよ」と彼に話したので底付近を狙っていたらしく、根ズレしたのだろう。
 
その後も好転せず。

「残り1時間は朝のポイントに戻ってやってみましょー」と10時前に移動となった。
 
泳がせの仕掛けを投入し、コマセ釣りのほうはイサキ仕掛けをセット。
 
これには面白いようにイサキが食ってきた。

それを見た釣友たちも、ハリス長を3mに詰めてお土産のイサキを釣っていると、「マハタが上がったよぉー」 
 
船長の声にトモに向かうと、中川さんが30cmほどのマハタを手にしていた。

コマセ釣りのオキアミエサに食ったそうだ。
 
11時に沖揚がり。

皆さんイサキは良型をキープして各人10尾ほど。
 
当日の夕方、船長に取材のお礼の電話を入れたところ、午後船のお客さんが泳がせ釣りで2kgのカンパチを上げたとのこと。
 
その言葉に釣り師の血が騒ぎ、リベンジを誓ったのだった。

釣り人の写真

イサキは30cm級主体

釣り人の写真

マハタも釣れる

釣行の写真

良栄丸は四隅の釣り座なら泳がせ釣りとコマセ五目を2本竿で楽しめる

知っ得!泳がせ釣りのアドバイス

ハリが親孫式の仕掛けを使う場合は、エサ付けは親バリは鼻掛け、孫バリは背掛けがおすすめ。
 
ポイントが根の荒い岩礁帯なので、ドラグを滑らせすぎると根ズレでハリス切れする原因になるので、道糸を強く引いて滑るくらいのきつめに調節しよう。

アタリがきたら早合わせは厳禁。

強く引き込んでから、竿を持ち上げるように合わせよう。

釣行の写真

アタリがきても慌てず食い込みを待つ

当日のタックル

竿はグラスワンピースの粘りのあるものがおすすめ。

硬い竿を使うときは、ハリスの強度に対応するクッションゴムを付けるのも一手。

船長推奨の泳がせ仕掛けはヒラメ用、できればハリス8号仕様がいいとのこと。

シマノ(SHIMANO) 電動リール 22 フォースマスター 3000 電動丸

シマノ(SHIMANO) 電動リール 22 フォースマスター 3000 電動丸

最安値価格
¥73,150(Yahoo!)

Amazonへ ¥80,000

楽天市場へ ¥76,192

Yahoo!へ ¥73,150

景山 六角 1kg詰パック 60号

景山 六角 1kg詰パック 60号

最安値価格
¥948(Yahoo!)

Amazonへ ¥958

楽天市場へ ¥1,797

Yahoo!へ ¥948

サニー商事(SANY) 青物バスター 80号

サニー商事(SANY) 青物バスター 80号

最安値価格
¥2,654(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,755

楽天市場へ ¥3,115

Yahoo!へ ¥2,654

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

良栄丸に乗船してみたい方はこちら!

【南房(千葉県)マアジ船】人気ランキング

【南房(千葉県)イサキ船】人気ランキング

隔週刊つり情報(2021年12月1日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 12月15日号 No.1063」
12月1日(木)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
イワシ泳がせの定番ターゲット冬に釣りたい
マハタとヒラメ

青物クーラー事情

第2特集
茨城&東京湾でヒートアップ激アツ! 冬のマダコ
第3特集
江戸前の秋を楽しむ船釣りハゼ遊び
秋の安全運動特別企画
あなたの
ライジャケ大丈夫?

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

泳がせ」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事