PR

会員登録(無料)

ログイン

磯竿3号は超使える!特徴や使い道を徹底解説!人気メーカーのおすすめ磯竿もピックアップ!

船釣りマガジン 編集部

磯や防波堤での釣りで活躍する磯竿。

振り出し式で収納性・携行性に優れ、遠投しやすいのが特徴です。

中でも3号の磯竿は最も汎用性が高く、様々な釣法に使い回すことができます。

今回はそんな磯竿3号の具体的な使い道を解説し、おすすめのモデルをご紹介します。

磯竿3号の特徴

磯竿は文字どおり磯釣りで用いる竿を指しますが、足場の高い防波堤で使われることもあります。

一般的に号数で振り分けられ、それによって適するハリスやオモリ負荷が異なります。

ちなみに号数は大きくなるほど竿が硬くなり、重いオモリに対応できます。

10号前後までのオモリを扱える3号の磯竿は、様々な釣りに転用できるため最もオールマイティーな硬さと言えます。

柔軟性というよりはパワーを重視しており、大きな負荷が掛かる釣りに適しています。

長さのランナップは3m台~5m台と幅広いため、釣り場やターゲットに合わせて選ぶようにしましょう。

ちなみに3号の磯竿に慣れていない方は、5.3m前後の長めのものが扱いやすくおすすめです。

これより短い磯竿は軽いのがメリットで、手返しの良い釣りを実践できます。

自分の釣りスキルに応じて使い分けると良いでしょう。

磯竿3号が適する釣り方

オールラウンドに使える3号の磯竿は、様々な釣法に適しています。

ターゲットに応じて仕掛けやポイントを変えることで、使える幅が広がります。

ここでは、特に磯竿3号におすすめの釣り方を3種類ご紹介します。

泳がせ釣り

3号の磯竿はある程度の硬さと太さを備えているため、パワーが必要な泳がせ釣りに適しています。

泳がせ釣りとは、イワシやアジなどの小魚をエサにして大型のフィッシュイーターを狙う釣法です。

シーバスやブリなどがその一例で、ターゲットの強い引きを楽しめるのが特徴です。

これらの魚は生き餌に食い付いたら一瞬のうちに丸飲みし、豪快に走り始めるため強靭なバットパワーを持ったロッドが必要になります。

磯竿の3号クラスであれば大きく曲がり込んでも引きにしっかり耐えることができ、もとに戻ろうとする力でターゲットを水面まで浮かせられます。

ちなみに振り出し式の磯竿の場合は、ガイドの向きをきちんと揃えて固定し、大物の引きに対処できるよう事前に準備しておきましょう。

磯竿に合わせるリールは、4000番以上の中型~大型のスピニングリールがおすすめです。

その他のターゲットとしてイカやタコが食い付いてくる可能性もあるため、早めにランディングすることを心がけてください。

サビキ釣り

磯竿3号は防波堤釣りの定番・サビキ釣りにもよく用いられます。

市販のサビキ仕掛けを装着してバーチカルにアクションさせれば、群れになって泳ぐイワシやアジを効率よく釣り上げることができます。

合わせるリールに関しては、3000番程度のスピニングリールがおすすめです。

磯竿をサビキ釣りに用いるメリットとしては、長さがあるぶん幅広いタナを探れる点にあります。

また、遠投にも適しているので、ウキを付けた遠投サビキ釣りでも重宝します。

遠投サビキで磯竿を使用する場合は、より遠くに仕掛けをキャストできるようガイドが大きめのものを選びましょう。

ちなみにサビキ釣りで釣れた小魚は、先ほどご紹介した泳がせ釣りのエサに利用することも可能です。

釣りたてのイワシやアジは活きが良いため、フィッシュイーターが食い付きやすく釣果アップも期待できます。

遠投カゴ釣り

長さのある磯竿は遠投カゴ釣りでの使用にも適しています。

専用の仕掛け・遠投ウキ・撒き餌を入れたカゴを装着し、沖合の潮目をめがけてキャストしてみましょう。

小型青物やシーバスの他、カンパチやブリなどの大型回遊魚が掛かることも少なくありません。

強い引きと豪快なやり取りを楽しめるのが遠投カゴ釣りの魅力です。

少しでも遠いポイントにキャストしたい場合は、なるべく長めの磯竿を選ぶと良いでしょう。

ちなみに安定した操作ができるよう、リールシートの形状はパイプシートになっているものがおすすめです。

そこに4000番以上のしっかりしたスピニングリールを合わせておくと、不意の大物にも対応できます。

一緒に玉枠が大きめのランディングネットを揃えれば準備万端です。

おすすめの磯竿3号

磯竿は各メーカーから様々なタイプがリリースされており、それぞれ特徴が異なります。

そのため、初心者の方は特にどれを選べば良いか迷ってしまうでしょう。

そこで今回は編集部おすすめの磯竿3号をピックアップしてご紹介します。

人気メーカーからコスパに優れたモデルを厳選していますので、ぜひ購入時の参考にしてくださいね!

【ダイワ】リバティクラブ磯風

ダイワ(DAIWA) 磯・波止釣りロッド リバティクラブ磯風・K 3-45・K 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 磯・波止釣りロッド リバティクラブ磯風・K 3-45・K 釣り竿

最安値価格
¥7,700(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,374

楽天市場へ ¥8,800

Yahoo!へ ¥7,700

ダイワからリリースされているリバティクラブ磯風は、様々な魚種を狙えるスタンダードな振り出しロッドです。

クセがないので扱いやすく、丈夫な設計に仕上げられているのが特徴です。

こちらの3号は自重が軽く、仕舞寸法もコンパクトなので移動の多い磯釣りに重宝します。

全長は5mよりも短いため、取り回ししやすいのがメリットです。

定番のサビキ釣りだけでなくフカセ釣りにも転用できます。

リールシートはステンレス製でサビにくく、リールフットをしっかり支えてくれます。

また、ガイドはハード仕様なので衝撃に強く、ガイドカバーによって穂先が保護されています。

手に入れやすい価格帯と基本性能の高さを兼ね備えた、コスパ優秀な磯竿です。

実際に編集部のスタッフが釣り場で使ってみたところ、伸ばしたときの持ち重り感が少なく自在に動かせる印象が強かったです。

全長仕舞寸法自重オモリ負荷対応ハリス(ナイロン)
4.46m101cm195g5~10号3~7号

【プロマリン】ブルーベイ磯遠投

プロマリン(PRO MARINE) ブルーベイ磯遠投 3-530遠投

プロマリン(PRO MARINE) ブルーベイ磯遠投 3-530遠投

最安値価格
¥4,963(amazon)

Amazonへ ¥4,963

Yahoo!へ ¥5,353

プロマリンからリリースされているブルーベイ磯遠投は、遠投ガイドを搭載したオールラウンドモデルの磯竿です。

カゴ釣りや投げサビキ釣りに最適で、様々な釣りに使い回せる汎用性の高さが魅力です。

自重は重めですがそのぶんしっかりした作りで、不意の大物にも十分対応できます。

ガイドは遠投に適した仕様になっており、太いラインでもスムーズに使いこなせます。

ブランクスは55%のカーボン比率で、よく曲がり込むのが特徴です。

この粘りのあるしなりによって、掛かった魚をしっかり水面まで引き上げてくれます。

予備用の磯竿を探している方にも最適な価格設定で、複数本揃えられるのが魅力です。

全長仕舞寸法自重オモリ負荷
5.3m102cm371g5~10号

【タカミヤ】H.B concept HIBIKI ISO FUKASE-EX 遠投

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B concept HIBIKI ISO FUKASE-EX 遠投 3-450

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B concept HIBIKI ISO FUKASE-EX 遠投 3-450

最安値価格
¥6,600(amazon)

Amazonへ ¥6,600

楽天市場へ ¥6,601

Yahoo!へ ¥6,600

釣具専門店「釣りのポイント」で知られるタカミヤがリリースする磯竿です。

使い勝手が良くコスパ優秀なので、初心者の方にもおすすめのシリーズです。

ブランクスのカーボン含有率は57%で、グラス素材の比率が高めになっています。

そのぶんよくしなるため、実際に魚が掛かったときは曲がって引きに耐えてくれます。

磯釣りにも堤防釣りにも使える汎用性の高い1本です。

全長仕舞寸法自重オモリ負荷
4.5m106cm275g5~10号

自分に合った磯竿3号で大物を釣り上げよう!

今回は磯竿の3号にフォーカスし、特徴や使い道を詳しくご紹介しました。

磯竿が意外と様々な釣りに転用できることを知っていただけたでしょうか?

3号は特に汎用性が高く、1本持っていると非常に便利です。

コスパ優秀なモデルも各メーカーから数多くリリースされているので、色々試してみて自分に合った磯竿3号を見つけてくださいね!

磯竿3号について詳しくはこちらの記事をチェック!

この記事に関するよくある質問

磯竿3号の特徴は何ですか?

10号前後までのオモリを扱える3号の磯竿は、様々な釣りに転用できるため最もオールマイティーな硬さです。柔軟性というよりはパワーを重視しており、大きな負荷が掛かる釣りに適しています。長さのランナップは3m台~5m台と幅広いため、釣り場やターゲットに合わせて選ぶことができます。

磯竿3号はどんな釣りに適していますか?

3号の磯竿はある程度の硬さと太さを備えているため、パワーが必要な泳がせ釣りに適しています。また、磯竿の長さを活かした釣法としては、サビキ釣りや遠投カゴ釣りが挙げられます。幅広いタナを探れたり遠いポイントにキャストできたりと、様々なメリットを備えています。

船釣り」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

人気記事