PR

会員登録(無料)

ログイン

午前アカムツ、午後オニカサゴ!東伊豆で人気根魚のダブルヘッダー(直正丸/東伊豆宇佐美港)

隔週刊つり情報編集部

2月23日、東伊豆宇佐美港の直正丸へ。

当日は午前船でアカムツ、午後はオニカサゴという人気根魚のダブルヘッダー。
 
毎度このパターンで出船しているわけではない。

伊豆方面では多くの船が予約制なので、最初に予約を入れた人の希望で釣り物が決まる。
 
各種根魚狙いを得意とする直正丸では、この2魚種の出船確率が高いものの、アマダイや時期によってはコマセ釣りもレパートリーに入るので、釣行に際しては船宿のホームページなどで予定を確認する必要がある。
 
集合は5時半。

準備が整った5時50分に2人のお客さんとともに、島田正則船長の操船で出船となる。

海の写真

オニカサゴの釣り場は川奈~富戸沖の水深160m前後

熱海沖に到着

このところ吹き荒れていた西風も収まり、ベタナギの海を30分ほど北上して、熱海沖に到着する。
 
海岸線からの距離はわずか2kgほどだが、急深な地形のため水深は270~280mもある。

6時半、「オモリが底に着いたら3~4m上げて」のアナウンスで釣り開始となる。
 
仕掛けは胴つき3本バリ。

捨て糸はなく、下バリの親子サルカンにダブルスナップサルカンで200号のオモリを装着するスタイル。

潮が緩いときは全長3mの片テン仕掛けを使うこともある。
 
エサはサバの切り身が支給される。

定番のホタルイカは持参するか、予約時に注文しておくと別料金で用意してくれる。
 
1投目は空振り。

どうも潮が動いていないようだ。

潮が動かないのはどの釣りでも悪条件だが、根魚狙いでは致命的といえる。
 
それでも1流し20分くらいのテンポで投入を繰り返していると、約1時間後に右ミヨシでアタリがきて、30cm級のクロムツが上がる。
 
この魚は群れているので、場所に当たるとパタパタと続く傾向がある。

5分後、私も一荷で釣ることができた。
 
8時40分、右トモで久しぶりのアタリ。

浮上したのは本命のアカムツ。

30cm弱の小型ではあったが、ともかくこれが船中第1号。
 
さあこれからと期待するが、その後はクロムツやシロムツがポツポツと姿を見せるのみで、残念ながら11時に沖揚がりとなる。

釣行の写真

アカムツの釣り場は熱海沖の水深270m前後。海岸線からの距離はわずか2km

釣行の写真

断続的に引き込めば本命の可能性大

釣り人の写真

午前船はクロムツも上がった

午後船は好転

午後の部は2名のお客さんを加え、総勢5人で12時に出船となる。
 
今度は30分ほど南下して富戸沖に到着。

水深は約160m。
 
仕掛けは片テン2~3本バリでオモリは150号。

エサはサバの切り身。
 
仕掛け着底後、タナを取り直すたびに5mほど道糸が出ていく。
 
これは、海底が急激な斜面であると同時に、朝と違って潮が速すぎるくらい効いているせいだ。
 
1投目は空振り。小さく移動して投入を続けていると、まず右トモでアタリがあり、まずまずサイズのアヤメカサゴが上がる。
 
続けて、右胴の間で35cm級のカンコ。

さらに5分後、左ミヨシで豪快に抜き上げたのは大型のオニカサゴ。
 
計ってみると1.7kg。

昨今、近場でこのサイズはなかなか珍しい。
 
いい条件が整ったのだろう、ここで私の竿先もコクンコクンとお辞儀を始めた。

竿を起こして合わせを入れ、巻き上げを始めると、けっこうな重量感を伝えている。
 
宙層まで上げてもグイグイと引き込むところを見ると、水圧の変化に強いオニカサゴの可能性が高い。
 
海面下にオモリがボワッと見え、テンビンを手に取ると、オレンジの塊が浮いた。

レギュラーサイズながらも、やはり本命のオニカサゴだ。
 
ところが、ハリスをつかんで抜き上げに入った途端、ポロッとハリが外れて、オニカサゴは潜っていってしまった。

「ハリが小さいんじゃないか、これ使ってみな」と船長お手製の仕掛けを渡される。
 
一般的な2本バリ仕様だが、先バリは蛍光ピンク、枝バリは金。

チモトには大きめの夜光玉が装着されている。
 
なんでも金バリがマイブームのようで、「オニカサゴには効くような気がする」とのこと。
 
好調の流れはまだ続いていたらしく、右トモでは30cm級のカンコ(ウッカリカサゴ)と1kg級のオニカサゴを連発で取り込んだ。
 
しかし、その後はアタリが遠くなり、空振りが目立つようになってきた。

釣り人の写真

当日のアカムツは30cm弱にとどまったが、40cm級も顔を出す

釣り人の写真

オニカサゴは1kg級がアベレージ

良型ラッシュ!

14時45分、船長は富戸沖に見切りをつけ、しばらく北上。

川奈沖まで移動する。
 
再開して30分後、またもいい流れがきてまず右胴の間、続いて右トモ、そして右ミヨシと連続でオニカサゴが浮上。
 
さらに20分後、右ミヨシ、また20分後に右トモで本命が上がる。

サイズは0.7~1kg級が主体と良型ぞろい。
 
結局、16時半に沖揚がりとなり、釣果は0.5~1.7kgのオニカサゴが船中8尾。

ほかカンコ、アヤメカサゴ、ムシガレイなどが交じった。
 
トップは右トモの方。

置き竿横着釣法の私などとは違い、ほぼ手持ちで丹念に誘い続けた努力が実を結んだ結果となった。
 
アカムツ、オニカサゴとも潮次第ではあるものの、天候と条件に恵まれれば、きっと満足できる釣果を手にすることができるだろう。

釣り人の写真

この方は午前、午後船と乗り継ぎともに本命獲得

知っ得!クロシビカマスのさばき方

午前の部で釣れたクロシビカマス。

スミヤキ、サビ、ナワキリなどとも呼ばれるクロタチカマス科の魚だ。

鋭い歯を持ち、ハリスはもちろん時には道糸まで切るため、嫌われることが多いが、アカムツを彷彿させるほど脂が乗って味はいい。

ただ、普通の魚と違って皮裏にびっしりと骨が張りついているので、通常におろすと骨が当たる。

ハモのように骨切りして塩焼きにするか、三枚におろしてからスプーンで身をかき出し「たたき」や
「なめろう」などにするといい。

魚の写真

ハリを外すときは鋭い歯に注意

Tackle Guide

水中ライトのほか、金や蛍光カラーのハリ、夜光玉、半割りのタコベイトなど、オニカサゴ釣りではアピールアイテムがよく使われる。

ただ、条件次第では外道を寄せる悪影響もあるので、スムーズに脱着できるようにしておくといい。

東邦産業 発光玉ソフトタイプ8H徳用 5号 グリーン

東邦産業 発光玉ソフトタイプ8H徳用 5号 グリーン

最安値価格
¥350(Yahoo!)

Amazonへ ¥500

楽天市場へ ¥383

Yahoo!へ ¥350

当日のタックル

ダイワ(DAIWA) 船竿 極鋭中深場 H-205SF

ダイワ(DAIWA) 船竿 極鋭中深場 H-205SF

最安値価格
¥60,118(楽天市場)

Amazonへ ¥61,143

楽天市場へ ¥60,118

Yahoo!へ ¥60,118

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【伊豆半島(静岡県)アカムツ船】人気ランキング

【伊豆半島(静岡県)アカムツ船】価格ランキング

隔週刊つり情報(2022年4月1日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 5月1日号 No.1096」
4月15日(月)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
釣り方多彩で楽しめる春はマダイ推し
  • ◎ 茨城の一つテンヤ
  • ◎ 東京湾のタイラバ
  • ◎ 南伊豆のコマセ釣り

青物クーラー事情

第2特集
ゴールデンウイークにおすすめ!ライトアジの遊び方 +お得なGWイベント情報
第3特集
エサもルアーも楽しめる東京湾の春マゴチ
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事