PR

会員登録(無料)

ログイン

秋の定番になる可能性大!エサ釣りサワラ乗合登場!!(一之瀬丸/神奈川県金沢八景洲崎)

隔週刊つり情報編集部

今年の秋は東京湾奥でサワラの魚影が濃く、ルアー五目船が大いに賑わっている。

普段はエサ釣り派の人もサワラが食べたいからとルアー船に乗る人も多いようだ。

だけど、サワラは釣りたいけどルアーじゃなぁという人が多いのもまた事実。

そんな人に朗報。

なんと、エサ釣りで狙うサワラ乗合が始まったのだ。

海況が悪すぎた

10月29日に出かけたのは東京湾奥金沢八景の一之瀬丸。

スポットサワラ船担当の瀧本晃史船長に聞くと、今年はタチウオ船で釣果になるくらいサワラが交じったり、サワラ船を出し始めた僚船があったりしたので始めたとのこと。

タックルもホームページをご覧になった方ならご存じのようにキハダやワラサ用にハリス20号以上のヘビータックルを推奨。

サワラはハリ掛かりすると強烈に横走りしたりするので、オマツリを防ぐために有無を言わせずガンガン巻き上げるパワーが必要という。

釣り場は猿島沖や走水沖、旧第三海堡跡などで、最初のうちは7~8mの浅ダナでも食ったそうだが、このところは20~30mくらいのことが多く、サワラらしき反応が出ることもあれば、出ないこともあるという。

誘いも電動デッドスローや落とし込みなど、なんでもアタリは出るようだが、釣れたのはタナを決め打ちした置き竿が多かったという。

何せこれまでまだ3回しか出船していないのだから、釣り方や仕掛けなど分からないことが多い様子。

それでも注目度は抜群で、強風予報にもかかわらず14名と盛況で7時過ぎに出船となった。

8時、猿島沖の水深42m、海面からの指示ダナ20~30mでスタート。

北東からの強風が吹き付け、海の状態はかなり悪い。

ほとんどの宿が休船したようで、周りにはタチウオ狙いの船が2~3隻いる程度だ。

続いて走水沖の水深53m、指示ダナ30~40m、観音崎沖の水深62m、タナ40~50mと探っていったがアタリはない。

前回までの出船ではアタリ自体は30~40回とけっこうあったようだが、この日はそれっぽい反応もなく、ロングクルージングが続く。

船内ではたま~にエサをかじられる人もいたが、フグやタチウオがいたずらした可能性が高い。

ようやくそれっぽいアタリが出たのが11時半。

タナ30~40mで、少し深めの42mくらいで待っていた右舷トモ2番の人にアタリ・・・も、ハリス切れの瞬殺。

軽く竿を持ち上げたらドンときてそれっきりだったという。

その後もアタリがない流しが続き、これでダメだったら揚がりますというアナウンスが流れた午後2時半、船内で2発のアタリ・・・も1発はスッポ抜け、1発はハリス切れに終わる。

ハリス切れした人はちょうど隣の席だったのでその瞬間を目撃したのだが、置き竿にしていた竿先が大きくバタバタッと2回たたかれたと思ったらシーン。

おそらくイワシを丸飲みしたのだろう。

いずれにしろこの日は海況が悪すぎた。

ポイントも思うように回れず、周りに釣り船もいなかったためサワラの寄りも悪かったと思われる。

釣り具の写真

(左)タックルはPE6~8号を巻いたキハダ・ワラサ用などヘビータックルを推奨。(右)片テンビンにオモリ100号(状況で80~120号)。 船宿仕掛けは1本バリとアシストを付けた親孫式の2種類あり。

餌の写真

エサは冷凍イワシ。親孫式の場合はヒラメ仕掛けのように付ければいい。親バリはエラ上の硬い部分に刺すのもあり。

釣行の写真

(左上)この日、ヤリトリ中にバレたのが3~4回。(左下)ルアーも4名まで便乗OK。(右)ハリスを1~2mと短くして、テンビンを竿先まで巻き上げて取り込むのがベストかも。

釣行の写真

一之瀬丸では取材日以前に3回出船してトップ3尾、船中7尾が最高釣果。とはいえアタリは30~40回あり、キャッチ率の向上が今後の課題とも言える。

最後の詰めでバレた!

このままでは終われないと、次の出船日となった10月31日に再トライ! 

この日は海況もよく、タチウオやアジの船団もできていたから周辺にサワラが回遊している可能性も高まるはず。

ところがこの日も期待に反してアタリが遠い。

ようやくのヒットは10時40分、走水沖のタナ47mで貸し道具で初挑戦の方にきた・・・が、掛かりが甘かったのかスッポ抜け。

強化チューブの上のハリスがザラザラになっていたからサワラで間違いないはず。

船長に聞くと、ちょうどベイトの反応が入ってきた直後のヒットだったらしい。

次なるチャンスは1時間後、猿島沖のアジ船団の周辺、タナ35m前後を流していたときにアタリ連発。

しかしハリス切れやスッポ抜け、海面バラシと魚が上がらない。

その後は再び沈黙の時間が続き、いよいよ後がなくなってきた。

だけどサワラにはけっこう時合があるというし、一昨日の例から見れば沖揚がり直前にもうワンチャンあるはず。

一縷の望みに期待した午後2時半、左舷ミヨシで食った! 

キハダロッドがガッツリ曲がり、完全にハリ掛かりしている様子。

そして船長がタモを入れた瞬間、なんとボキッとタモの柄が折れてしまって取り逃すという不運。

このとき同時に隣の方にもヒットしていたのだが、オマツリで巻き上げ中にバレてしまった。

釣行の写真

(左)アタリと同時にハリス切れの瞬殺。(右上)ハリスがザラザラになっていればサワラ確定。(右下)イワシの頭だけ残ってくることもたまにあるが、これはサワラかフグか! ?

釣行の写真

キハダロッドがひん曲がる。ハリ掛かりしたサワラは強烈に疾走する。

釣行の写真

タモに入った!と思った瞬間にひと暴れして去っていったサワラは推定5kg級。口にハリ掛かりしていなかったのが原因か。残念・・・。

二日間の取材の結果は残念ながらノーキャッチに終わってしまったが、最後に今回の経験で見えてきた要点をまとめておこう。

①アタリが出るかどうか

狙い始めに比べて一日に出るアタリの数は減ってきている。

諦めずに粘り強く釣り続けることが大切。

サワラは同じ層を回遊していることが多いから、アタったタナを覚えておき、船中で共有することも大切。

②掛けられるかどうか

アタリが出ても瞬殺のハリス切れが多く見られた。

アタったらとにかく合わせを入れたほうがいいかもしれない。

③取り込めるかどうか

この日を例にするまでもなく取り込みでのバラシが多い。

ハリスをたぐっているときにバレることも多いらしいので、ハリス長はテンビンを竿先まで巻き上げ、竿を立てて魚を海面に浮かせられるくらいまで短くしたほうがいい。

そのほか仕掛けやタナの探り方などまだまだ研究の余地は残されている。

テンヤタチウオの例を見るまでもなく、研究熱心な東京湾の釣り人たち。

来シーズンには出船軒数も増え、東京湾の新たなターゲットとして定着することを期待したい。

知っ得!エサ釣りで狙うサワラ

14年前、相模湾でサワラが豊漁だった年にルアー船に便乗してエサ釣りで狙ったことがある。

当時はタチウオのテンビン仕掛けにサバなどの切り身で狙ってそこそこ釣れたが、サイズがやや小さめだったこともあるだろう。

現在、東京湾のエサ釣りで狙っているサワラは3~5kg以上の大型。

やはり一回り頑強なタックルや仕掛けが必要だと思われる。

東京湾のサワラ仕掛け例

一之瀬丸ではレンタルタックルも用意している。

ただし5セットまでなので、利用したい人は予約時に確認しておこう。

ダイワ(DAIWA) PEライン UVFソルティガデュラセンサーX8+Si2 8号 300m マルチカラー

ダイワ(DAIWA) PEライン UVFソルティガデュラセンサーX8+Si2 8号 300m マルチカラー

最安値価格
¥2,766(Yahoo!)

Amazonへ ¥3,242

楽天市場へ ¥2,955

Yahoo!へ ¥2,766

サンライン(SUNLINE) ハリス 大物ハリス ナイロン 50m 22号 95lb ブルーグリーン

サンライン(SUNLINE) ハリス 大物ハリス ナイロン 50m 22号 95lb ブルーグリーン

最安値価格
¥1,416(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,476

楽天市場へ ¥1,474

Yahoo!へ ¥1,416

景山 下オモリ (カン付) 100号 5本入り

景山 下オモリ (カン付) 100号 5本入り

最安値価格
¥2,186(amazon)

Amazonへ ¥2,186

Yahoo!へ ¥2,274

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

一之瀬丸に乗船してみたい方はこちら!

【関東サワラ船】人気ランキング

【関東サワラ船】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2021年12月1日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 12月15日号 No.1063」
12月1日(木)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
イワシ泳がせの定番ターゲット冬に釣りたい
マハタとヒラメ

青物クーラー事情

第2特集
茨城&東京湾でヒートアップ激アツ! 冬のマダコ
第3特集
江戸前の秋を楽しむ船釣りハゼ遊び
秋の安全運動特別企画
あなたの
ライジャケ大丈夫?

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

エサ釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事