PR

会員登録(無料)

ログイン

テイルウォークのジギングロッド・ジグフォースMBは荒ぶる海と巨大魚を制する!

船釣りマガジン 編集部

「大物を自分の手で釣り上げたい」

それは釣りをしている人であればだれもが抱く夢なのではないかと思います。

しかし、この夢を実現するためには相応の準備と努力をしなければなりません。

今回紹介するテイルウォークのJIGFORCE MB(以下ジグフォースMB)はモンスター級の青物を釣り上げることをコンセプトに開発されたロッドで、大物と対峙する釣行で準備しておくと非常に心強い味方になってくれます。

高いスペックだけでなく、完成までのストーリーも魅力的なジグフォースMB。

早速詳しく見ていきましょう。

ジギングで大物をゲットできるロッドの条件とは?

大物の強烈な引きに負けない強さが必要!一方で軽さも大切?!

まずはジギング、そしてジギングで使用するロッドに必要な条件をおさらいしましょう。

ジギングというのはジグという金属のルアーを使用した釣りのことです。

ジギングは幅広い魚種を狙うことができますが、ブリやヒラマサなど、強烈な引きが体感できる大型青物が特に人気のターゲットになっています。

このような大物を狙う際に重要になるのがロッドの選定です。

重量級のジグを操作したり、大型青物の強い引きに対抗したりするためには、ロッドの強靭さが不可欠です。

なので、強烈な引きを耐える粘りとパワーのあるジギングロッドを使いましょう。

一方、ジギングロッドは軽さも重要です。

ジギングはジグを振って魚を誘う釣法なので、腕に負担がかかります。

重いジグを使う時には軽いロッドを使用して少しでも体への負担を減らす。

これがジギング釣行を成功させる鍵になります。

まとめると、強さと軽さ、この両立が難しい2つの要素が大物をゲットできるジギングロッドの条件ということになります。

ジグフォースMBならモンスター級青物を着実に仕留められる!

テイルウォークが販売しているジグフォースMBは、「日本屈指のモンスターフィールドである九州の玄界灘で巨大魚を獲る」というコンセプトのもとに開発されたジギング専用ロッドです。

「MB」は「マスタービルド」の略で、国内工場の熟練の職人が丁寧に仕上げたハイクオリティなロッドであることを意味します。

ジグフォースMBを監修したのは、玄界灘ジギングを知り尽くしたテイルウォークフィールドスタッフでもある「達喜丸」船長の古家達郎さんです。

荒ぶる玄界灘で長期テストを徹底的に繰り返し、トライ&エラーを重ねた結果、ヒラマサ・カンパチを相手にした釣りで抜群の実力を発揮してくれるロッドが完成しました。

長時間の釣行でも疲れない軽快な使い心地とモンスター級の青物とのファイトにも負けない強靭さという相反する2つの要素を兼ね備えているのがこのロッドの最大の魅力です。

もちろん、大物を狙うジギング釣行であれば玄界灘以外のフィールドでもしっかりと活躍してくれます。

それでは、ジグフォースMBのこだわりを部品ごとに見ていきましょう。

国内工場で一本一本丁寧に作られたブランクス

ブランクス(=ロッドの本体部分)は国内工場で厳選されたものを採用しています。

熟練の職人が一本一本丁寧な作りで仕上げているため、抜群の使い心地のロッドに仕上がりました。

各モデルに最適なタイプのガイドを使用

ガイド(=ラインを通す部分)は各モデルの特徴に合った形になっています。

ベーシックモデルには軽量のガイド、パワーモデルには耐久性重視のガイドが採用されました。

また、ガイドの並び方も機種によってはスパイラル状に設置されていたりと、テイルウォークが蓄積した実戦データをもとに考え抜かれた設計が施されています。

ロッドとリールを繋ぐリールシートのナットにも工夫が

ロッドにはリールと繋ぐリールシート部分にナットという部品があります。

このナットも強度の強いタイプのナットが使用されており、リールをがっちりとホールドしてくれます。

細部まで配慮の行き渡ったロッドであることが実感できるポイントです。

大物ゲットを実現させてくれる3モデルが好評発売中

ジグフォースMBは3モデル展開で販売されています。

S613

ヒラマサジギングの聖地・玄界灘で鍛え上げられたベーシックモデル

S613は玄界灘でのジギングを想定し設計されたモデルです。

8kg前後のヒラマサまでをターゲットに狙うことができます。

玄界灘でのドテラ流しに最適です。

軽快な使い心地で、多様なジグの操作に対応します。

S614

大物とのファイトで主導権が握れるパワーモデル

S614はパワーが自慢のモデルです。

100m前後までのディープレンジでの釣りを想定して設計してあります。

パワー系のロッドは重さ、操作時のダルさがデメリットになりがちですが、S614はそうしたストレスを一切感じさせない使い心地です。

ファイト時に抵抗して走り回るヒラマサをしっかりと止めるバットパワーは圧巻です。

C624 SPEC-E

完全プロスペックモデルでオートマチックに大物を仕留める

C624 SPEC-Eは電動ジギング専用のプロモデルです。

ナチュラルなジグアクションで大物ターゲットを誘い、粘りあるファイトでキャッチまで持ち込むという一連の流れをオートマチックに行うことができます。

10kgを超える大型魚が相手でもしっかりと曲げて獲ることのできる心強いロッドです。

また、C624 SPEC-Eは他のモデルとは異なりガイドがスパイラル状に設置されています。

この仕様によってラインの絡みやブランクスの捻れが解消され、より一層快適なジギング釣行が可能になります。

そのほか、リアグリップはリールをがっちりと固定できる長さになっており、かつベルトを併用することで電源コードをすっきりまとめることができるスリットが施されているなど、プロモデルならではの細やかな配慮が行き届いた設計になっています。

さあ、大物ゲットの夢を叶えよう!

今回はテイルウォークのジグフォースMBについて紹介しました。

数え切れないほどの厳しいテストと職人の技が合わさって完成したこのロッドは、大物を相手にしたジギングで絶大な効果を発揮してくれます。

大型魚とのファイト、そしてキャッチの瞬間は何物にも代えがたい高揚感と達成感があります。

ぜひジグフォースMBを釣行のお供にして、大物ゲットの夢を叶えてください!

テイルウォークの最新情報はSNSでチェック!

テイルウォークの新作、続々!

船釣り」カテゴリの人気記事

ジギング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

人気記事