PR

会員登録(無料)

ログイン

【釣れる人の法則はこれだ!】カツオ

隔週刊つり情報編集部

カツオ釣りは豪快だ。

群れに当たればズドンズドンと竿が突っ込み船内全員ヒットなんてこともある。

現況の相模湾ではカツオの群れは少ないものの、9月になれば戻りガツオの新群れが続々と来遊し釣り人を楽しませてくれるはずだ。

さて、ここからが本題。

ここ数年、相模湾のカツオの平均サイズは2~3kg級を主体に4kgオーバーの良型も顔を出す。

このクラスのカツオは引きが強烈なうえ、ファイト中に隙を与えて走られると口切れやハリス切れが起こる。

またなんとか船まで寄せても、取り込みで手間取ればあっけなくバレる。

しかし、意外に口周りが弱く、とくにカンヌキ(口角)が軟らかいカツオはバラシが多いもの。

大事なのは強烈な引きに耐える仕掛けの準備と釣り方の要点を押さえること。

ここでは、カツオが釣れる人に見られる3つの共通点=「釣れる人の法則」を紹介しよう。

釣れる人の法則①仕掛けは太く短く

カツオが釣れる人の仕掛けの仕様はハリス20号2mと太く短く、ハリも軸太で強度に優れたヒラマサ13~14号などが多い。

活性が高いカツオはハリスが太くてもかまわず食ってくるうえ、コマセに突っ込んでくるので長さは2mで十分。

太く短い仕様は仕掛けさばきがよく、カツオを取り込みやすい。

一方、バラシばかりでカツオが釣れない・・・と頭を抱える人の多くは仕掛けが比較的長くて細い。

相模湾ではパヤオ(浮魚礁)周りに着いた群れが連日攻められると魚がスレて14号以下の細ハリスで3mと長めの仕様が効果的な場合があるものの、これから相模湾に到来するフレッシュな群れならそんな心配は無用だ。

釣行の写真

カツオ釣りは素早い投入とタナ取りが決め手

釣行の写真

滑り止め付きのグローブは青物釣りの必須アイテム

釣れる人の法則②投入とタナ取りは素早く

カツオは群れの進行方向に先回りして投入する1流し1投の展開になる場合が多い。

合図と同時に投入し、素早く指示ダナにコマセをまき、船下に突っ込んでくる魚を狙う。

周りは釣れているのに自分だけアタリが遠い・・・という人の多くは投入が遅れがちだ。

群れの移動が速いときは、船が止まった途端に合図が出る。

投入が遅れるとチャンスを逃すことになる。

移動中にコマセカゴにコマセを補充し、ハリにエサを付け、いつでも投入できる準備を整えておく。

カツオが釣れる人の多くは、船が止まりそうな気配を感じたら、置き竿で竿先の手前にテンビンをぶら下げ、ハリに近い位置のハリスをつかみ、リールのクラッチを切ればすぐに投入できる体勢でスタンバイしている。

合図が出たら即投入。

竿を持ち指示ダナよりハリス分沈め、2回強く竿をあおってコマセを振り出し、タナに合わせる。

ほとんどの場合、タナに合わせた途端にアタリがくるので、しっかり合わせて硬い上アゴにハリ掛かりさせればキャッチ率が高まる。

釣行の写真

(左)エサ付けはハリ軸に沿ってオキアミを付ける丸掛けがおすすめ。(真ん中)ハリスの先端は二重チチワで補強。(右)ハリスは強度としなやかさを備えた高性能フロロカーボンハリスが安心。

釣れる人の法則③ヤリトリ無用でブッコ抜く

ヒットしたカツオは横方向に走り回るため、速やかに巻き上げオマツリを防止する。

ドラグはあらかじめきつめに調節しておき、滑り止めのグローブを付け、両手でつかんで強く引いたときにズルッと滑るくらいが目安だ。

ヒットしてもバラしてばかり・・・という人は、ヤリトリが弱気で魚に走られオマツリやハリス切れするケースが目立つ。

バラシを防ぐコツは魚に主導権を渡さない強引な巻き上げと取り込みだ。

アタリに合わせてハリ掛かりしたら、ヤリトリ無用ですぐに竿をキーパーに掛け、太仕掛けにものをいわせてゴリゴリ巻き上げ、力ずくでカツオを引き上げる。

取り込みでは竿先の手前までテンビンを巻き上げ、竿を起こしてハリスをつかめばカツオは目前。

力に自信がある人はブッコ抜いてしまおう。

抜き上げが無理そうなときは、魚の頭を海面から出すとおとなしくなるのでタモですくってもらおう。

がまかつ(Gamakatsu) シングルフック ふかせヒラマサ 12号 16本 66703

がまかつ(Gamakatsu) シングルフック ふかせヒラマサ 12号 16本 66703

最安値価格
¥471(Yahoo!)

Amazonへ ¥660

楽天市場へ ¥484

Yahoo!へ ¥471

釣行の写真

ヒットしたらすかさず竿をキーパーに掛けてゴリ巻きで引き上げよう。

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【相模湾(神奈川県)・カツオ船】人気ランキング

【相模湾(神奈川県)・カツオ船】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2022年9月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 3月1日号 No.1092」
2月15日(木)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
早春の
船釣りフェスタ
  • ◎ 三浦半島のマルイカ
  • ◎ 外房のサバ&ヤリイカ
  • ◎ 日立の一つテンヤマダイ
  • ◎ 相模湾のフグ
  • ◎ 東京湾のメバル・カサゴ

青物クーラー事情

第2特集
釣りフェスティバル2004で見つけたほしい!買いたい!!
最新釣具
カラー特集
今が釣りどき! 食べどき!!寒サバ
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

ツール」カテゴリの人気記事

厳選アイテム」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事