PR

会員登録(無料)

ログイン

常磐の一つテンヤは魚種多彩 ドテラ流しはムズ面白い!?(大さん弘漁丸/茨城県日立久慈漁港)

隔週刊つり情報編集部

楽しく真剣に釣りをする宮澤幸則さんの連載「令和も釣りは楽しく真剣に! 2」。

ターゲットは秋を迎えて模様が上向いてきた一つテンヤのマダイ釣り。

9月中旬、茨城県日立久慈漁港の「大さん弘漁丸」へと乗り込んだ。
 
小泉秀彦船長によれば、このところ狙っているのは日立沖の水深20~30m付近で、500~800g級主体に1~2kg級を交えていい日はトップ10枚以上釣れるとか。
 
当日は乗船者6名で5時過ぎに出船し、5時半ごろに日立沖の水深23mのポイントからドテラ流しでスタート。
 
空は雲に覆われ、北寄りの風がそよそよと吹くすごしやすいコンディションだ。

船長によれば、潮は北から南へと流れる逆潮で、速さは0.3kt程度とのこと。
 
右ミヨシの宮澤さんは遊動テンヤ6号で釣り始め、早々にアタリがきたがこれはベラ。

仲乗りの茂木さんによると、この付近は岩礁帯のため底ばかりを探るとベラの餌食になりやすいとのこと。
 
ほどなく左ミヨシで400g級のマダイが上がり、続いて右胴の間の方が600g級を抜き上げる。
 
ベラ対策で底を1m切り、リフト&フォールで誘っていた宮澤さんが500g級のマダイを掛ける。

続いて船内では同級のマダイやカサゴ、ハナダイと上がりなかなかいい出足と思われたが後が続かない。
 
6時半に30分ほど走って水深28m付近へ移動し、ドテラ流しで再開。
 
右舷は仕掛けが船下に入る流しのため、宮澤さんは遊動テンヤを重めの8号に交換し、キャストで広く探っているがアタリは遠い。
 
一方、右胴の間でお客さんに釣り方のお手本を見せていた茂木さんがマダイを掛ける。 

その様子を見ていた宮澤さんが茂木さんに釣り方を聞くと、「今日の潮具合で仕掛けが船下に入る釣り座なら、固定テンヤの5~6号を投げてカーブフォールで誘う釣り方がおすすめです」とアドバイス。
 
さっそく宮澤さんは固定テンヤ6号に交換してキャスト。

水深分の28mラインを出してからリールのベイルを戻し、カーブフォールで誘う。
 
すると、テンヤが底まで沈んでいったん立った道糸が、潮に引かれてゆっくり船下に入り始めたところでアタリ。

400g級のマダイを釣る。
 
続いて同級のマダイ、ハナダイを立て続けに釣り上げヒットパターンをつかんだように思われたが後が続かない。
 
ここで宮澤さんは使い慣れた遊動テンヤに戻し、オモリを5号、6号、8号とサイズを替えながらキャスト&カーブフォールで探っていく。

一方、船内では400~600g級のマダイに交じって、ホウボウやヒラメ、イナダなどのゲストが頻繁に上がるようになり、強烈な引きで2kgオーバーのトラフグが登場。
 
まだまだ釣れそうな気配であったが、11時過ぎ、「これで最後の流しにします」とアナウンスされた直後、右胴の間で大物らしきがヒット。

鋭い突っ込みを何度も見せて上がってきたのは当日最大の2kgジャストのマダイだった。
 
食いが一段落した11時20分に沖揚がり。

マダイは0.4~2kgが3~7枚。

ほかイナダ、ヒラメ、ハナダイ、カサゴ、ホウボウ、トラフグなどゲスト多数。

宮澤さんはマダイ3枚、ハナダイ1枚。

「ドテラ流しの釣りは難しいけど面白い。だけど思ったよりもアタリが出せませんでした・・・」と不完全燃焼ながら、船長によれば中小型の数釣りに加え、時折大ダイが上がる秋の絶好期はこれからとのこと。
 
船長と茂木さんに再訪を約束して船を下りる宮澤さんであった。

釣行の写真

サミングで糸フケをコントロールしながらテンヤを底付近に送り込む

船の写真

大さん弘漁丸は大型船で釣り座の間隔もゆったり

釣り人の写真

秋は一つテンヤを楽しむ絶好のチャンス

エサの写真

宮澤さんの遊動テンヤのエサの付け方

PROFILE

みやざわ ゆきのり

●1966年大阪生まれ、三重大学水産学部卒。

釣り全般を愛好するが、陸っぱりのエギング、船のカワハギ、マルイカのエキスパートとして雑誌、新聞、テレビ、Webで最先端の情報を発信する。

グローブライド・ダイワ社員。

釣り人の写真

底から1~2mを中心に誘い7枚釣った大久保香織さんが竿頭

釣行の写真

合わせが決まった瞬間が気持ちいい

釣り人の写真

船中1号は400g級

釣り人の写真

親バリが上アゴを貫通すれば合わせはバッチリ

釣り人の写真

マダイは500g前後がアベレージ

釣行の写真

慣れていない人がいると、仲乗りの茂木さんがその日の状況にマッチした釣り方を教えてくれる

仕掛けが船下に入るときはキャスト&カーブフォールで攻略

釣行の写真

(上)ドテラ流しで仕掛けが船下に入る舷側ではテンヤをキャスト(中)水深分のラインを出してカーブフォールで待つ(下)何かしらの変化を感じたら即合わせ!

釣り人の写真

仲乗りの茂木さんに教わった釣り方で本命獲得

宮澤さんの一つテンヤ仕掛け

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 イグジスト PC LT3000-XH(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 イグジスト PC LT3000-XH(2022モデル)

最安値価格
¥3,830(Yahoo!)

Amazonへ ¥85,038

楽天市場へ ¥89,855

Yahoo!へ ¥3,830

ダイワ(DAIWA) 船竿 紅牙テンヤゲームMX・R MH-240・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 船竿 紅牙テンヤゲームMX・R MH-240・R 釣り竿

最安値価格
¥30,779(Yahoo!)

Amazonへ ¥33,880

楽天市場へ ¥32,609

Yahoo!へ ¥30,779

釣り人の写真

2kgオーバーのトラフグが登場

釣り人の写真

秋はイナダやカンパチなど青物が回ってくる季節

タックルデータ

当日宮澤さんが用意したタックルは、竿が紅牙テンヤゲームエアAG S・M-240 SMTと紅牙テンヤゲームMX・MHー240の2本。

リールはドラグ性能と耐久性に優れたトップブランドのイグジストLT3000と入門用におすすめのコストパフォーマンスモデル、カルディナLT2500。

道糸はともにPE0.8号。

釣り人の写真

ホウボウは大小交じり

釣行の写真

重量感のある引き込みを見せる大物がヒット

釣り人の写真

最後の流しで当日最大2kgジャスト。釣りはこれがあるから最後の1投まで気が抜けない

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【日立久慈港(茨城県)マダイ船】人気ランキング

【日立久慈港(茨城県)マダイ船】価格ランキング

隔週刊つり情報(2021年10月15日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 5月1日号 No.1096」
4月15日(月)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
釣り方多彩で楽しめる春はマダイ推し
  • ◎ 茨城の一つテンヤ
  • ◎ 東京湾のタイラバ
  • ◎ 南伊豆のコマセ釣り

青物クーラー事情

第2特集
ゴールデンウイークにおすすめ!ライトアジの遊び方 +お得なGWイベント情報
第3特集
エサもルアーも楽しめる東京湾の春マゴチ
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

ツール」カテゴリの人気記事

厳選アイテム」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事