PR

会員登録(無料)

ログイン

【甘鯛】初釣り虎の巻(坂口丸/神奈川県早川港)

隔週刊つり情報編集部

「アマラバで釣れますように」 
 
1月2日、ナギに恵まれた海上でお神酒をまく久保田忍船長の横で、こっそり祈る。
 
新年早々こんなに真剣な神頼みって、うん十年前の受験生以来のことかもしれない。

というのも今回は、前回完全にズッコケたタイラバでアマダイは釣れるのか?という企画の再検証を背負っているのだ。
 
お世話になったのは相模湾小田原早川港・坂口丸のアマダイ乗合。

大漁旗がはためく船は満員御礼2隻出しの大にぎわい、もちろん私以外は全員エサ釣りである。

そんな状況で「舳先でタイラバやらせてください。オマツリしないよう気を付けるから」と懇願する人間もどうかしてるが、船長は快諾してくれた。
 
坂口丸のいいところは、人様に迷惑をかけなければ好きにやんなよ、という遊びの釣りに対する理解の深さだ。
 
エサ釣りのアマダイもPEラインの太さが3~4号ならオモリ60~80号、1.5~2号なら50号、1号未満なら30~40号と好みのタックルに合わせて遊んでOK。
 
オマツリが頻発する場合はオモリの重さを調整し、互いに気持ちよく釣ればいい。

参考までに当日は、PE2号にオモリ50号の釣り人が多かった。

夜光のタイラバにヒット!

まずは地先の小田原~根府川沖、水深60~80mでスタート。

坂口丸のホームグラウンドともいえる良型アマダイが顔を出すエリアだ。
 
さっそく100gのタイラバを下ろしてみると、底は取れるが若干斜めに流れるので120gに変更。
 
フックにはケイムラやラメ入りのイソメ系ワームを付け、底から3mの間をゆっくり巻き上げては落とす。

ヘッドやネクタイのカラーをローテーションしながら、せめて1尾くらいは食ってくれと念じて釣り続けた。
 
ところが小魚を含めてアタリは遠く、エサ釣りの皆さんもソコイトヨリがポツンと掛かる程度。

船長も初釣りでこの状況はマズイと見切りを付けて、湘南界隈のアマダイ船が集まる二宮沖への移動を決める。
 
流し始めた水深は90m強。

近くには親方の久保田源太郎船長が舵を取る別船を含めて、数隻が見えた。
 
釣れる場所には船が集まるというわけで、最初のポイントよりアタリは活発。

25~30cmと小ぶりなサイズが多いものの、およそ1時間で大半の方がアマダイを釣り上げて船長もひと安心の様子だ。
 
そしてついに、タイラバにも今年初のアタリが到来。
 
底からちょっと浮かせてフワフワと踊らせた後、ジワーッと1m巻き上げたあたりでココッ。

すぐさま合わせるとゴンと乗った。
 
タイラバで即合わせ?と首を傾げる人もいるだろうけど、エサを吸い込むように捕食するアマダイの場合は、異常を察知して吐き出す前に合わせたほうが掛かりやすいようである。
 
アタリの取りやすさ、そして掛けやすさを優先して、あえてPE0.8号のカワハギタックルで挑んだのがよかったかも。

深場で目立つように、夜光ヘッドを装置したのも奏功したのかなあ・・・とニマニマしながらゆっくりと巻く。
 
この重みと引きなら良型のアマダイだろうと海面を覗き込むと、オレンジ色の塊が見えた。

うっ、オニカサゴ(イズカサゴ500g)か。

うれしくも微妙な1尾に「一足お先に鬼退治完了」とつぶやく。

釣り人の写真

年が明けても相模湾のアマダイ釣況は安定している

興味深いエサ釣りの極意

エサ釣りの皆さんは順調。

アマダイは右舷胴の間の市川さんが釣り上げた35cmが最大ながら、キダイやオニカサゴも交えてクーラーボックスの中を鮮やかな色に染めていく。
 
とりわけ目立っていたのは、左舷ミヨシの浅見美樹さんだ。

坂口丸に通って9年目、イカ釣り、根魚、キハダ(自己記録39kg)ほか色んな釣りをこなす女性釣り師である。
 
この日も6尾のアマダイを手にして2番手、外道を含めてひっきりなしに魚を釣り上げていた。

仕掛けは船宿のシンプルな2本バリ、付けエサはオキアミのみ。

では釣り方に何か秘訣が?と訊ねてみると、「アマダイって気まぐれで思いどおりに釣れないから、実は苦手なんですよ・・・。だから船長のアドバイスを聞いて、そのとおりに釣ってます」と拍子抜けする答えが返ってきた。

しかしよく聞いてみると、船長から教わったその内容が興味深い。

・タナは底から50cm。

・そのまま誘わずジッと待ち、アマダイが釣れるかどうか確かめる。

・食わなければゆっくり誘いをかけてみる。
 
要点はこの三つ。

タナから考察してみると、通常は底からハリスの半分(全長2mなら1m)上げるのがセオリーで、50cmとなるとほぼ底スレスレの感覚だ。
 
ところが当日は低めのタナ取りが正解。

トップ8尾、平均釣果は一人4~5尾という一日だったが、うち半数近くが、「今日は底潮が速かったようで、底近くのほうがよくアタったね」「ハリスが真横にたな引いてたんじゃないかな?高めのタナを探ってもさっぱりだった」と口にしたのだ。

当たり前のことながら、船長は現況をだれよりも知っていたのだろう。
 
次に、誘うか否かの判断。
 
船長によると「アマダイは誘いに反応するときと、まったく反応しない(むしろ嫌う)ときがある」という。

そこでまずは静かに待って機嫌をうかがい、アタリがあればそのまま続行。

返事がなければ誘いを織り交ぜて反応を見る。

そんな釣り方をすすめているようだ。

「たまにゆっくり誘いをかけて低めのタナでジーッと待つ。そんな感じで釣ってました」。

浅見さんは船長から学んだ虎の巻をベースに、きっちりパターンを見つけ出していたのだった。
 
さて、一方のアマラバは最後までパターンをつかみ切れず、またも本命オデコというお粗末な幕切れ。

三度目の正直を求めてもう一度挑むか、ここでスッパリ撤退するか。

悩みだらけの楽しき一年がまた始まる。

釣り人の写真

多彩に釣り上げていた浅見美樹さん。なんと10tトラックの女性ドライバーである

灯台の写真

小田原港名物「提灯型の灯台」も縁起よし

坂口丸のアマダイ仕掛け例(エサ釣り)

ダイワ(DAIWA) PEライン UVF棚センサーブライトNEO+Si2 2号 200m 5カラー(カラーマーキング付)

ダイワ(DAIWA) PEライン UVF棚センサーブライトNEO+Si2 2号 200m 5カラー(カラーマーキング付)

最安値価格
¥1,193(楽天市場)

Amazonへ ¥1,366

楽天市場へ ¥1,193

Yahoo!へ ¥1,194

景山 下オモリ (カン付) 50号 5本入り

景山 下オモリ (カン付) 50号 5本入り

最安値価格
¥1,122(amazon)

Amazonへ ¥1,122

Yahoo!へ ¥1,156

当日のアマラバタックル&仕掛け

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) リーダー フロロショックリーダー フロロカーボン 30m 3号 12lb クリア

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) リーダー フロロショックリーダー フロロカーボン 30m 3号 12lb クリア

最安値価格
¥359(Yahoo!)

Amazonへ ¥495

楽天市場へ ¥419

Yahoo!へ ¥359

ダイワ(DAIWA) タイラバ 紅牙 ベイラバーフリーα ヘッド 100g 鍍金Gレッド ルアー

ダイワ(DAIWA) タイラバ 紅牙 ベイラバーフリーα ヘッド 100g 鍍金Gレッド ルアー

最安値価格
¥738(Yahoo!)

Amazonへ ¥802

楽天市場へ ¥774

Yahoo!へ ¥738

【甘鯛・初釣り虎の巻】困ったときはゲソラバという選択肢もありか?

アマラバ挑戦の余話を一つ。

オニカサゴを釣り上げてから何のアタリもないまま時が過ぎ、時刻は正午。

沖揚がりまであと1時間半のところで禁断の果実ならぬ付けエサに手を伸ばし、タイラバのフックに付けてみた。
 
エビエサを付けるエビラバではなく、アオイソメを付けるイソラバでもなく、ホタルイカの「ワタ付きゲソ」を付けたゲソラバ(勝手に命名)である。

N発行人によると東北ではアマダイ狙いにホタルイカを使い爆釣していたとか、その話を元に転用してみたのだが、見た目はまさしくタコ・イカ系のシルエット(当たり前か)。
 
このゲソラバで粘り続けて30分、底から3m巻き上げたところで強烈なアタリ。

即合わせして巻き上げるとガンガン暴れ続けたのでアマダイではなさそうだ・・・と思っていたら20m巻いたところでスッポ抜け。

マダイっぽい気もするが、そうだとしたら即合わせが裏目に出て、口の周りにフックがスレ掛かりしたのか?
 
アタリはこの一発のみだったから何とも言えないものの、朝から試していれば違う展開になったかも。

また一つ、検証したいことが増えてしまった。

魚の写真

唯一の釣果はオニカサゴ。ワームを付けた夜光のタイラバに食ってきた

エサの写真

ホタルイカのゲソを付けたタイラバ(上側)。見た目のシルエットはまったく違和感なし

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【相模湾(神奈川県)アマダイ船】人気ランキング

【相模湾(神奈川県)アマダイ船】価格ランキング

隔週刊つり情報(2022年2月1日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 2月15日号 No.1067」
2月1日(水)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
干すともっと
おいしい冬の魚
  • アジ
  • ヤリイカ
  • タチウオ
  • シロギス

青物クーラー事情

第2特集
狙いはジャンボサイズ!犬吠埼沖のアカムツ開幕
第3特集
外房大原の
ショウサイフグ
秋の安全運動特別企画
あなたの
ライジャケ大丈夫?

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事