PR

会員登録(無料)

ログイン

[動画で見る沖釣り教室・忍塾THE・ムービー(第29回)]京湾観音崎~走水沖のテンヤタチウオ(ひらの丸/内房富津港)

隔週刊つり情報編集部

東京湾のタチウオがいい感じで釣れ続いています。
 
とはいえ日により状況は変わっていて、取材した9月中旬は観音崎沖と走水沖に船団が分かれていました。
 
また、底付近のタナが中心だった夏の終わりごろに比べてタチウオの反応は浮き気味になっていて、この日も底上10~15m前後の反応が多く、海面からタナを指示されるケースがほとんどでした。
 
こんなときは道糸のマーカーを見てタナ取りし、指示ダナより仕掛けを下ろさないように注意してください。
 
また、釣れるタチウオは相変わらずドラゴンサイズも期待できますが、中型も増えてきており、テンビン仕掛けのほうがアタリが多く出せる日もあります。
 
当日もそんな展開で、テンヤではアタってもなかなか追ってこなくてハリ掛かりに結びつけるのに苦労しました。

Profile

三石 忍(みついし しのぶ)

●タチウオ、カワハギ、マルイカ、一つテンヤなど、テクニカル系の釣り物を得意とするが、中でも東京湾のタチウオでは右に出る者なし、船長たちからも認められる腕前を持つ。

がまかつ、シマノフィールドテスター、マルキユー、シップスマストインストラクター、YGK・X BRAID アンバサダー。

取材当日の釣果は?

結果は今一つ数がのばせず14本と個人的には不完全燃焼でしたが、テンビンでは20本台の方が二人、テンヤでは当日最大の134cmがヒットしたり、ビギナーグループもテンビン仕掛けでタチウオの引きを楽しめていたようで、東京湾のタチウオの好況ぶりを感じられる一日でした。
 
そんな状況の東京湾のタチウオですが、まだまだテンヤの釣りを始めたばかりの人も多いようで、このところ「竿を破損した」という話もよく聞きます。
 
これまでにもお伝えしてきましたが、テンヤのタチウオ釣りで竿を破損する大きな原因は4つあります。

①竿を持ったまま片手でのピックアップ

②ドラグの締めすぎ

③高すぎる位置での合わせ

④強すぎる合わせ
 
いずれも穂先に道糸が絡むなど、無理な負荷がかかって破損につながります。
 
トラブルなく釣るためには、基本をしっかり身につけておくことが大切になります。

カコミに要点をまとめておきましたので、参考のうえテンヤのタチウオ釣りを楽しんでください。

なお、取材したひらの丸さんではテンビン、テンヤ両方できますが、途中チェンジ不可、一日どちらかの釣り方で通してもらうことになっているので、予約時にテンビンで釣るのかテンヤで釣るのか申し出るようにしてください。

釣行の写真

忍流エレキテル釣法

釣り人の写真

テンヤでの最大は朝イチに上がった134cm

釣り人の写真

貸し道具で奮闘した皆さん。沖釣りビギナーでも楽しめるのがテンビン仕掛けのいいところ

釣り人の写真

テンビン仕掛けにこだわる常連さんは120cmオーバー連発

釣り人の写真

テンビン組は10本前後の人が多かった

釣り人の写真

テンビン仕掛けでも100cmクラスはよく上がる

釣行の写真

掛けられないアタリが楽しい

釣行の写真

この日はテンビン仕掛けの人が多かった

釣り人の写真

このサイズが多いとテンビン仕掛けが有利

釣り人の写真

80~90cm前後が主体

釣り人の写真

東京湾のタチウオは良型主体にまだまだ楽しめそう

しのチェック01・ドラグ調整を忘れずに

テンビン仕掛けと違って、テンヤのタチウオ釣りではドラグ調整が必須です。

130cmを超えるドラゴンクラスになると、その重量は2kg近くになります。

ドラグをガチガチに締めておくと竿の破損や大型のバラシにつながりやすいので、強く合わせたときにズルッと少し滑り出るくらいに調整しておいてください。
 
また、バイブレーション釣法などで釣っているとドラグが緩みやすいので、まめに調整することもお忘れなく。

釣行の写真

テンヤはダイレクトなのでドラグ調整が必須

三石忍のテンヤタチウオタックル&仕掛け

しのチェック02・竿を立てたままでの強い合わせに注意

竿を立てたまま強い合わせを入れると穂先に負担がかかりすぎて破損につながります。

合わせてハリ掛かりしても、掛け損なっても、竿を元の位置に戻すようにしてください。

釣行の写真

(左)この位置からさらに合わせてしまうと竿の破損につながる(右)掛け損なってもすぐに竿を戻すことでフォールの誘いにもなる

しのチェック03・取り込みは必ずリーダーを両手でつかんで行う

これまでにもしつこいくらいにお伝えしてきたことですが、竿を手にしたまま片手で取り込むと、竿を破損するばかりでなく、大型をバラしたり、テンヤが外れたときの事故にもつながります。

普段から両手で取り込む癖をつけておかないと、いざというときに体が反応しません。

①竿を立ててリーダーをつかむ

②竿を風上側に置く

③リーダーを両手でたぐって風下側へ抜き上げる
 
この手順を体に覚え込ませてください。

釣行の写真

意識して練習すれば、釣れるほど上手に取り込めてトラブルが減る

釣行の写真

①竿を立ててリーダーをつかむ②竿を風上側に置く③リーダーを両手でたぐって風下側へ抜き上げる

忍が釣り方を動画で教えます!

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【内房(千葉県)カワハギ船】人気ランキング

【内房(千葉県)カワハギ船】価格ランキング

隔週刊つり情報(2021年11月1日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 3月1日号 No.1092」
2月15日(木)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
早春の
船釣りフェスタ
  • ◎ 三浦半島のマルイカ
  • ◎ 外房のサバ&ヤリイカ
  • ◎ 日立の一つテンヤマダイ
  • ◎ 相模湾のフグ
  • ◎ 東京湾のメバル・カサゴ

青物クーラー事情

第2特集
釣りフェスティバル2004で見つけたほしい!買いたい!!
最新釣具
カラー特集
今が釣りどき! 食べどき!!寒サバ
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

タチウオテンヤ」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事