PR

会員登録(無料)

ログイン

期間限定!イカタックルでOK 片貝のキンメ&ヤリイカ盛況(二三丸/九十九里片貝港)

隔週刊つり情報編集部

以前から九十九里にキンメとヤリイカのリレー釣りという魅力的なメニューがあることは知っていたが、釣行機会に恵まれずにいたところ、本誌から取材の話が舞い込んだ。
 
そこで2月上旬、九十九里片貝港の二三丸へと向かった。
 
キンメは水深250~300m前後を狙うため、PE4号前後の道糸を350m以上巻いた中型電動リールとイカ竿やビシ竿を組み合わせたライトキンメ仕様の道具立てでOK。

オモリは200号だ。
 
手軽な道具でキンメ釣りが楽しめるので人気も高く、定員の12名が集まって準備を済ませたところで午前4時少し前に出船となる。

群れに当たれば鈴なり

当日はこの冬一番の寒波に見舞われたものの、思ったほどの波風はない。
 
5時40分にポイントに到着。

ここは片貝沖の大陸棚の縁で、水深220~300m前後の斜面を攻めるらしい。
 
事前に小倉船長からオモリは鉛製限定で中オモリは付けないようにとの注意があった。

これは全員同じ仕様の仕掛けを使うことでオマツリなどのトラブルを回避するためだ。

「水深300m。反応は底から20mまで出ています。徐々に浅くなるので置き竿にはしないでください。合図を出したら同時に投入となります。遅れた人は一回休みになりますからね」とアナウンスがあり、皆さんオモリを持ってスタンバイ。

「はい、どうぞ」の合図で一斉に仕掛けが投入され、「巻き上げはそれぞれのタイミングでかまいませんが、再投入はできません。アタリがきたら、デッドスローでジリジリと巻き上げて追い食いさせてください」とアドバイスが飛ぶ。
 
着底直後にアタリはなかったが、「次の反応が出てきましたよ」とのアナウンスの後、「きたよ」、「こっちもきた」と各所で声が上がる。
 
最初に仕掛けを上げたのは右トモの鈴木さんで、ズラズラと5枚のキンメを取り込んだ。

続いてその隣で同行の細小路さんが6枚を釣り上げ気を吐く。
 
この流しで船内半数の方がキンメを手にしたようだ。

サイズは30~35cmをメイン40cm級の良型も交えて釣り応え十分。
 
次の流しは水深260m。

ようやく東の空から太陽が顔を出す。

厳寒期は陽光の温かさが身に染みる。
 
この流しは左トモの新垣さんがキンメ4枚を上げたのを合図に、右トモの鈴木さんが7枚、細小路さんはなんとパーフェクトの10点掛けを披露。

「弟子の鈴木くんにはまだ負けないよ」と師匠の威厳を見せつけ満面の笑顔だ。
 
潮具合なのかトモ側で多点掛けが目立つが、追い食いの狙い方でも差がつくようだ。
 
当地のキンメ釣りの基本は、着底後、ゆっくりと底から10mほど誘い上げ、アタリがなければゆっくりと誘い落とすの繰り返し。
 
ゴツゴツきたら船長のアドバイスどおり、水深が徐々に浅くなるのをイメージしながらデッドスローで巻き上げて追い食いを狙う。
 
その後は、明るくなるとともにサバが回ってきてオマツリが頻発し、ペースダウン。
 
それでも「今度もたくさん掛かったみたいですよ」と鈴木さんと細小路さんが同時に巻き上げを開始。

ところが残り70m付近で2人ともサメに仕掛けごと持っていかれてしまいガッカリ。
 
6流し目が終わった8時前、「イカに行きましょう」と船長が移動を告げた。

釣行の写真

これぞ鈴なり!1投でお土産はバッチリ

釣り人の写真

10本バリ仕掛けでパーフェクト!

釣り人の写真

トップの釣果は20枚

釣り人の写真

7点掛けに満足!

釣り人の写真

キンメは10枚前後の人が多かった

釣行の写真

ワンタックルで楽しめるリレー釣り。これほど手軽にキンメが釣れるエリアもそうそうない

良型ヤリイカ満開

灘寄りに30分ほど走って到着したのは水深170m付近。

すでに飯岡方面からきたイカ船が多数集結していた。
 
ヤリイカはオモリ150号。

船長の合図で一斉にオモリが放り込まれ、投入器からプラヅノが次つぎと飛び出し海中に消えていく。
 
始めに電動リールのモーターを唸らせて巻き上げを開始したのは細小路さん。

いきなり5杯掛けを取り込み、鈴木さんは2杯と師弟対決は今度も師匠が一歩リード。
 
船内あちらこちらでヤリイカが2~3杯掛けで取り込まれ潮鉄砲が上がる。

サイズはほとんどが胴長40cm級、触ってみると肉厚でズッシリ重い。

「鈴木さん、こちらも多点掛けだよぉー」と船長の声に右胴の間に行くと、尾上さんが6杯掛けでガッツポーズ。
 
続けて左トモの新垣さんも6杯掛けで取り込み、まさにヤリイカパラダイスだ。
 
その後も途切れることなく乗ってきて、皆さんのオケがヤリイカで埋め尽くされていく。
 
朝からここでヤリイカを釣っていたら楽に1束超えになるだろうという勢いのまま、

11時の沖揚がりを迎えた。
 
キンメは細小路さんの20枚がトップで、ほとんどの方が10枚前後をキープ。
 
ヤリイカのトップは46杯、平均でも30杯以上で実質2時間半の釣果としては大釣りと言えるだろう。
 
今回はリレー釣りということもあり、竿を出さずに撮影に専念した私に対して、「今度は取材なしで遊びに来なさいよぉー。鈴木さんの分は釣らずに残しておくからさぁー」と小倉船長の言葉に日程を調整する私だった。

釣り人の写真

ヤリイカは最高6点掛け

釣行の写真

再投入も投入器を使ってオマツリ軽減

釣り人の写真

ヤリイカは大中小交じる

釣り人の写真

いい反応に当たると多点掛けで上がってくる

釣り人の写真

今シーズンのヤリイカはまずまずの釣れ具合となっている

釣り人の写真

大型のオスが目立った

釣り人の写真

この日のヤリイカは一人平均30杯ほど

知っ得!キンメ仕掛け・投入の工夫

キンメのフラッシャー仕掛けをスムーズに投入するにはマグネット板があると便利だ。

ただし船宿仕掛けは10本バリながら全長4.4mと短いので、枝スを2~3本詰めればマグネット板を使わない吹き流しでも楽に投入と取り込みをこなせる。

慣れていない人はぜひお試しを。

釣行の写真

12名限定乗合で釣り座の間隔に余裕があり、吹き流しでも十分対応できる

Tackle Guide

タックルはキンメもヤリイカも、PE4号前後を350m以上巻いた中型電動リールのイカタックルでOK。

オモリは200号と150号を用意。

キンメのフラッシャー仕掛けは船宿仕掛けが断然おすすめだ。

当日のタックル

ダイワ(DAIWA) 電動リール 22 シーボーグ 500MJ-AT(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) 電動リール 22 シーボーグ 500MJ-AT(2022モデル)

最安値価格
¥122,276(Yahoo!)

Amazonへ ¥123,614

楽天市場へ ¥124,640

Yahoo!へ ¥122,276

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【九十九里・銚子(千葉県)キンメダイ船】人気ランキング

【九十九里・銚子(千葉県)キンメダイ船】価格ランキング

隔週刊つり情報(2022年3月15日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 5月1日号 No.1096」
4月15日(月)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
釣り方多彩で楽しめる春はマダイ推し
  • ◎ 茨城の一つテンヤ
  • ◎ 東京湾のタイラバ
  • ◎ 南伊豆のコマセ釣り

青物クーラー事情

第2特集
ゴールデンウイークにおすすめ!ライトアジの遊び方 +お得なGWイベント情報
第3特集
エサもルアーも楽しめる東京湾の春マゴチ
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事