PR

会員登録(無料)

ログイン

[熱血!照英の釣りバカ紀行(第8回)]アマダイは恨む人がだれもいないみんなに好かれている魚です。(庄三郎丸/神奈川県平塚港)

隔週刊つり情報編集部

「アマダイはRPGだ」
 
田渕雅生師匠は言った。

「?」
 
照英はじめポカンとするスタッフ一同。

「オキアミ一つを頼りに、ヒメコダイ、キダイ、トラギスなど、手がかりを一つずつ重ねて、アマダイにたどり着く。アマダイ釣りは、ロール・プレイング・ゲームである」
 
富士山を眺める大磯沖。

Show-A Profile

6歳のとき祖父から薫陶を受け近所の川や釣り堀で釣りに親しむ。

中学~大学は陸上選手として活躍、芸能界に入ると仕事を通して国内外の釣りに接するようになり「照英・玲子の最強!釣りバカ対決!!」ではほぼすべての船釣りを経験し、釣りバカ道を邁進。

2021年よりダイワ専属アングラー。

この日、1投目でタコの足が上がってきた。

釣り人の写真

ええぇ~

大磯沖ってどこ?

相模湾の海岸線のほぼ中心部にある相模川河口の平塚から、少し西にあるのが大磯。

その沖一帯が大磯沖で、アマダイ釣りでは水深50~100m台を狙う。

照英の脳裏にドラゴンクエストのテーマが流れた・・・かは分からない。

平塚・庄三郎丸の後藤久船長は朝の2時間ほどをシロアマダイ狙いにあててくれた。
 
水深40m前後、釣れれば値千金「幻」のシロアマダイだが、あえなく幻に終わる。

転じて本命狙いの水深80~100m台。

流し始めるとポンポンと、竿を出している8人中、照英を除く全員がアマダイ(アカアマダイ)を手にした。

「照英さん、焦らなくて大丈夫。イトヨリが釣れていれば、アマダイのタナも同じです」
 
そう言いながらアマダイを持ち上げてニッと笑う田渕師匠。

隔週刊つり情報の根岸発行人は早くも2尾目。
 
まったく、遠慮がない。

2mの仕掛けで、底から1m上げて、さらに1m・・・待てよ。

根岸発行人は置き竿ベタ底でアマダイ2尾ということは・・・。

「これはきたでしょう!」
 
低めのタナでジッと待つと本命とおぼしきアタリ。

確信を持って巻き上げると、きれいなアマダイが海面に姿を現した。

釣り人と仕掛けの写真

(左)キャスティングで小物を仕入れて、色いろ考えて自作した仕掛けも持参(中)仕掛けは快適天秤アーチと快適船シンカー40号、快適アマダイ仕掛けKP SSの組み合わせ(右)オキアミの管理もハチミツを使ってみたりと工夫

釣り人の写真

「仕掛けを作っているとアレコレ考えて、時間があっと言う間に過ぎちゃいます」自作仕掛けにチェンジ。アマダイを目指す

釣り人の写真

照英を置き去りに、嬉々としてアマダイを釣る2人

釣り人の写真

うおおおお~

釣行の写真

なぜかアマダイのアタリは「アマダイだ」と分かる

「本当にきれいだ。アマダイは恨む人がだれもいない、みんなに好かれている魚ですよね」

惚れぼれと眺めるアマダイはここまで船中最大の40cm。
 
その後もアマダイはゲストの小魚の合間に顔を出した。

「とろけるような色で、とても魅力的。なんて言うのかな。舐めたらドロッとしている感じ」
 
魅力的とドロッとが、どう結び付くのか分からないが、2尾目を釣り上げて照英も調子が出てきた。

そして小型ながら3尾目を釣り、泳ぐのを確認してからリリースする。

「やっと、景色を見る余裕ができました」
 
西に雪をいただく富士山。

北には東海大学陸上部時代に山頂への往復ダッシュを行った大山。
 
そこには照英が青春時代を過ごした風景が広がっていた。

釣り人の写真

良型アマダイ

釣り人の写真

オキトラギスとキツネベラ

釣り人の写真

イトヨリダイ

釣り人の写真

キダイ

釣り人の写真

ヒメ

潮が止まった午後1時過ぎ。

これが最後の流しであることを船長が告げると、田渕師匠がやおら立ち上がった。

「奥義、残り10分!」
 
なら最初から!と笑う一同。

今日も平和な一日だったね、と道具をしまおうとすると、師匠の極鋭が海面にブチ刺さった。

「むむ、これは、ホンモノだ!」
 
57cmの自己記録を持つ師匠が言うのだから間違いない。

「言ったでしょう、RPGって」
 
まさかの、でき過ぎなクライマックスまで残り30m。
 
が。
 
次の瞬間、大アマダイはサメらしきに丸飲みにされ、哀れ軽くなったモーター音とともに田渕師匠の絶叫が青空に吸い込まれていった。
 
アマダイ釣りはRPG・・・。

なるほど、ラスボスは手強いのである。

釣り人の写真

後藤久船長

釣り人の写真

イネゴチ

釣り人の写真

貝の中からひょっこりタコ

釣り人の写真

おれに日焼けサロンはいらないな。

照英の熱血!タックルインプレ

ROD:極鋭タチウオゲームMH180AGS

「すごく軽く、しなやかで手になじみます。小さな魚のアタリもハッキリ分かり、アマダイのアタリはかなり強烈に伝わってきます。やっぱり極鋭はいい。極鋭を使いこなせる男になりたいです!」

釣行の写真

楽し~い

REEL:シーボーグ200J

「コンパクトで手にスポッと入りますから疲労感がありません。このパワーと便利さはプライベートで買いです」

リールの写真

シロアマダイ狙いの浅場ではバサラIC150とアナリスターライトアマダイ185を使用

照英のライトアマダイタックル

ダイワ(DAIWA) 電動リール 22 シーボーグ 200J(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) 電動リール 22 シーボーグ 200J(2022モデル)

最安値価格
¥67,500(amazon)

Amazonへ ¥67,500

楽天市場へ ¥69,190

Yahoo!へ ¥68,990

ダイワ(DAIWA) PEライン UVF PEデュラセンサーX8+Si2 1号 300m マルチカラー

ダイワ(DAIWA) PEライン UVF PEデュラセンサーX8+Si2 1号 300m マルチカラー

最安値価格
¥2,822(楽天市場)

Amazonへ ¥2,903

楽天市場へ ¥2,822

Yahoo!へ ¥2,822

ダイワ(DAIWA) 快適天秤アーチ 1.8mm-40cm

ダイワ(DAIWA) 快適天秤アーチ 1.8mm-40cm

最安値価格
¥539(Yahoo!)

Amazonへ ¥616

楽天市場へ ¥616

Yahoo!へ ¥539

「熱血!照英の釣りバカ紀行」配信中

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【相模湾(神奈川県)アカアマダイ船】人気ランキング

【相模湾(神奈川県)アカアマダイ船】価格ランキング

隔週刊つり情報(2021年12月15日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 2月15日号 No.1067」
2月1日(水)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
干すともっと
おいしい冬の魚
  • アジ
  • ヤリイカ
  • タチウオ
  • シロギス

青物クーラー事情

第2特集
狙いはジャンボサイズ!犬吠埼沖のアカムツ開幕
第3特集
外房大原の
ショウサイフグ
秋の安全運動特別企画
あなたの
ライジャケ大丈夫?

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事