PR

会員登録(無料)

ログイン

大原沖のヒラメ食い活発!払い出し限定釣法で3連釣(春日丸/千葉県大原港)

隔週刊つり情報編集部

11月12日、外房ヒラメ釣りの一大拠点である大原港を訪れた。

お世話になったのは春日丸さん。

横流しにおあつらえ向きに、当日は南西の強風予報。

通常、沖釣りで強風はうれしくないものだが、こと横流しのヒラメ釣りに関しては別。

とくに大原は地形の関係で南西風に強く、灘寄りでの釣りもウネリなくナギで楽しめる。

さらに風の力でポイントを広く探る横流しには好都合なのだ。

期待どおりにアタリが出ない

右舷ミヨシに釣り座を構え、釣り人5名を乗せて朝5時過ぎに中井徹船長の操船で港を離れた。

当日は成明船長もサポートで同船してくれて心強い限り。

船はゆっくりした速力で航程25分の大原沖の水深16m前後に到着。

まだ暗いうちから釣りを開始する。

予報どおりポイントはけっこうな南西風が吹いている。

大いに期待して釣り始めたが期待どおりにアタリが出ない。

明るくなるにつれ船中ではポツポツとヒラメが上がり始めるが、私にはなかなかそのときは訪れず、すっかり明るくなった。

そしてヒラメの型を見ていないのは、とうとう私だけになってしまう。

そんな中、払い出す流しでついにヒット! 

押さえ込むアタリに合わせるとひたすら重い。

しっかり生命反応もあるのでこれはいきなり今シーズンの大原レコードか!?と緊張のヤリトリ。

海面下に褐色の平たいシルエットが見えたと思ったら大きなカスザメだ。

がっかりなオチにめげず釣りに集中する。

横流しの釣り方例

横流しで仕掛けが入り込む側で釣るときはまめに底ダチを取り直してタナをキープ、払い出す側では道糸を出して仕掛けが落ち着いた位置でアタリを待つ。

ハリス調整で2kg

糸の立ち方からして風の強いわりに船は流れていない様子。

どうやら風と潮の流れの向きがぶつかって相殺しているようで、せっかくの風の効果が半減してしまう残念な条件だ。

それならばと強風仕様で1mと長めにしていたハリスを75cmに変更。

すると入り込む流しでコンとアタって、モタレるように穂先が押さえ込まれた。

合わせを入れると手応えも十分、上がってきたのは2kg級のヒラメ。

うれしいサイズだ。

続いて同じく道糸が入り込む流しで立て続けに1kg級のヒラメを追釣。

ハリスを詰めたのが功を奏したのだろう。

中盤にかけて、集中してアタる場面はないものの流すたびに本命のヒラメが上がり、サポートの合間に竿を出していた成明船長も2.2kgをキャッチ。

釣行の写真

合わせが決まりヒラメが乗った。巻き上げはヒラメの引きに合わせてゆっくりと。

釣行の写真

ヒラメを海面に浮かせてタモへ誘導し、船長に取り込んでもらう。

強風時の払い出し限定釣法がドハマリ

後半になると船は灘寄りに移動し、水深8mの浅場のポイントを攻める。

徹船長は浅場の濁りを気にしてどうしようか迷っていたとのことだったが、イワシを獲る職漁船も見えており雰囲気はいい感じ。

このポイントでの投入は入り込む流しからスタート。

ほどなくして1kg級のヒラメを釣り上げると、大きなカマスを吐き出してビックリ。

ヒラメがどう猛なフィッシュイーターであることを再認識した。

ここからアタリが増え、船中ダブルヒットで盛り上がる場面も。

ポイント移動が吉と出たようだ。

風の強さは変わらないものの、終盤になると反対向きに流れていた潮の流れが遅くなり、船の流れ方がよくなってきた。

ハリスを強風仕様に戻し、さらにここで強風時の払い出し限定釣法を実践。

水深10m前後なのでその3倍、30mほど道糸を出してみる。

オモリが底を引きずって激しく穂先をたたくため、アタリを取るにはモタレの目感度が頼りだ。

すると穂先に明確なモタレ。

曲がりが大きくなったところで大きく合わせると確かな手応え、1kg級の食べごろサイズを追加した。

残り時間もわずかとなっていたが、ここからこの釣法がドハマリ。

リリースサイズが1枚交じったものの、なんと3連釣を達成して6枚でフィニッシュ。

釣果も1~6枚とボウズなし。

最後の浅場で大原らしい釣れ具合を味わえて大いに楽しむことができた。

これから水温が下がるとイワシの回遊が本格化するはず。

そうなるとさらにドラマチックな展開になるのが大原沖のヒラメ釣り。

師走のイチ推しターゲットだ。

釣行の写真

(左)1流し目でヒラメをキャッチ。(右)アオリイカが釣れるとは珍しい。

釣行の写真

(左)浅場は水深8m前後。(右)イナダやサンパク(イナダとワラサの中間サイズ)も交じる。

餌の写真

(左)春日丸ではエサ付けは親バリを口掛け、孫バリは背掛けをすすめている。(右)当日配られたエサのマイワシは18cm前後。

釣り具の写真

(左)船宿仕掛けはハリス6号85cm、捨て糸50cm。ハリは親バリ角セイゴ18号、孫バリトリプル8号。(右上)オモリは80号が基準。ライトタックルは40~60号で楽しめる。(右下)釣り上げたヒラメがカマスを吐き出した。

ダイワ 快適船シンカ-SN 80KMオレキン

ダイワ 快適船シンカ-SN 80KMオレキン

最安値価格
¥747(amazon)

Amazonへ ¥747

Yahoo!へ ¥747

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【外房(千葉県)ヒラメ船】人気ランキング

【外房(千葉県)ヒラメ船】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2021年12月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 12月15日号 No.1063」
12月1日(木)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
イワシ泳がせの定番ターゲット冬に釣りたい
マハタとヒラメ

青物クーラー事情

第2特集
茨城&東京湾でヒートアップ激アツ! 冬のマダコ
第3特集
江戸前の秋を楽しむ船釣りハゼ遊び
秋の安全運動特別企画
あなたの
ライジャケ大丈夫?

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事