PR

会員登録(無料)

ログイン

主役級の多彩な魚がお出迎え!冬も賑やか南房のリレー釣り(佐衛美丸/千葉県洲ノ崎港)

隔週刊つり情報編集部

一度の釣行で色んな魚を釣って楽しみたい! 

そんな五目釣りファンに紹介したい南房の人気メニューが、フラッシャー五目&季節の魚のリレー釣り。
 
12月11日に出かけた南房洲ノ崎港の佐衛美丸では、早朝にフラッシャー五目でクロムツ(ムツ)主体に狙ったのち、オキアミエサで多彩な魚種が釣れるオキアミ五目のリレー釣りで出船している。
 
クロムツの実釣は、早朝の1時間30分ほどの短時間勝負。

手返しよく極力タイムロスを減らす工夫が釣果をのばすことにつながるので、釣り座周りを整理整頓、手前マツリなど仕掛けのトラブルが発生したら、すみやかに新しい仕掛けに交換して次の投入に備えるのが賢明だろう。
 
4時10分になると受付が始まり、4時半には私を含めた8名が乗船。

「いってらっしゃーい。頑張ってね」と、おかみさんの明るい見送りの言葉を背に港を離れた。
 
15分ほどでポイントの洲ノ崎沖に到着。

「合図を出したら同時に仕掛けを投入してください」と早川船長がアナウンスすると、皆さんオモリを手に持ち準備万端。

「はい、どうぞ。水深125m。底中心に誘いを入れてください」のかけ声と同時に7つの仕掛けが一斉に投入された。
 
ちなみにクロムツの釣果は、実釣時間が短いだけに日によるムラがある。

しかし潮具合に恵まれた良日はトップで20尾を超える釣果も上がっており、この日がよい潮であることを祈るばかりだ。

複雑な引きの正体は

左トモ2番の吉田さんが巻き上げを開始すると、「これってクロムツの引きですかねぇー?」と私に尋ねてきた。
 
クロムツの引きは断続的に力強く明確に出るのだが、なんとも複雑な引き込みを見せている。

それもそのはず、上がってきたのは28cmのクロムツとサバのダブル。
 
このサバが猛威を振るいはじめて釣りの邪魔をする。

中には仕掛けの落下途中でサバにつかまり4尾、5尾と抜き上げる人も。

「またサバにやられちゃったかなぁー?」と竿を満月のように曲げて巻き上げ始めたのは左トモの黒崎さん。

上3本のハリにはサバが付いていたものの、下2本には30cmのクロムツが付いており笑顔で写真に収まってくれた。
 
続けて右トモの菊地さんもダブルでクロムツを釣り上げる。

しかし1.5knの速潮とサバの邪魔でなかなか釣果がのびない。

「クロムツの反応はあるけどなぁー」と船長も困惑気味だ。
 
気がつくと東の空が徐々に明るくなり、残り時間もわずかとなったところで私も竿を出す。
 
着底したら糸フケを取り、軽く誘い上げ、止めて待つ。

そしてハンドルをひと巻きして再び誘い上げる。

時折ジリジリとスローで竿を持ち上げるなど緩急を付けつつ、海底から3mまでをリサーチする。
 
派手な誘いはクロムツを散らせる恐れがあるので、優しくソフトに誘うのがコツだ。
 
すると、カカッと竿先がたたかれた後、ガガガッと突っ込むようなクロムツ特有のアタリ。

残り時間も短いので追い食いを狙うと、新たなアタリがきて巻き上げを開始。
 
しかし、途中でサバにつかまり振り回されたためオマツリ回避と高速巻きをしたのが災いし、2尾いるはずのクロムツは1尾になってしまう。

それでも35cmとまずまずのサイズを手にすることができた。

船の写真

釣り場は港から15分圏内の近場が中心

釣行の写真

クロムツは底から3~4m誘い上げる

釣り人の写真

小型も交じる

釣り人の写真

鋭い歯にご用心

五目超えは当たり前

しばらくして、「オキアミ五目に行きますので、テンビン仕掛けに替えてオモリは100号にしてください」と船長がアナウンス。
 
10分ほど移動した水深80m付近で第2ラウンドが開始された。
 
タナは海底から1~3mをメインに誘いを入れて食わせるようにとのこと。
 
すると前出の吉田さんがキダイをダブルで取り込んだのを合図に、あちらこちらで竿が絞り込まれた。
 
釣れる魚はアカイサキ、キダイ、オキメバル、イサキ、ホウボウ、ウマヅラと賑やかで、ベラやヒメなどのエサ取りも頻繁に掛かってくる。
 
ほかアマダイやカイワリなどもターゲットなのだが、まだ姿を見せない。

「この魚はなんですか?」と吉田さんが差し出したのはキツネダイ。

私も初めて見る魚種だ。

「カイワリが上がったよぉー」と言う船長の声に駆け付けると、黒沢さんが、「ようやく釣れましたよ」とカイワリを手にしてニッコリ。
 
ここで写真撮りの合間に私も竿を出す。
 
1投目からアタリがきて巻き上げを開始した直後、ギューンと激しく抵抗されてプッツーン。
 
しまった、ドラグを締め過ぎていた・・・と後悔しても後の祭り。
 
その後はキダイを中心に投入ごとに何かしらの魚がヒットしてきた。

30cm前後のキダイが掛かると引き味も楽しめて、11時に沖揚がり。
 
サバと速潮に阻まれクロムツの数はのびなかったものの、後半のオキアミ五目は好調。

皆さんのクーラーの中は様ざまな魚で華やかであった。

釣り人の写真

イサキはオキアミ五目の定番魚種

釣り人の写真

キダイは大中小交じる

釣り人の写真

鮮やかなアカイサキも

釣り人の写真

カイワリは25~30cm級がアベレージ

釣り人の写真

サバの切り身エサでオキメバル

知っ得!ムツとクロムツ

ムツとクロムツは以前は同種と考えられていたが別の魚。

私たちが釣りでクロムツと呼んでいるのは、ほとんどがムツ。

クロムツに比べると若干体色に黄金色を帯び明るい色をしている。
 
クロムツは黒色が濃く、ムツに比べると大型になり、正式に見分けるには側線のウロコの数で判断できるが、両種ともおいしいのでこだわる必要はないと思っている。

魚の写真

写真は当日釣れた35cmのムツ

Tackle Guide

クロムツの仕掛けはフラッシャーサビキでオモリは150号。

サビキが合わないと食い渋るので、実績がある船宿仕掛けがおすすめだ。

オキアミ五目はテンビン仕掛け2~3本バリ、オモリ100号。

当日はカイワリ用やアマダイ用、ハナダイ用などの仕掛けで釣る人が多かった。

仕掛けの写真

クロムツはフラッシャーサビキ仕掛けにオモリ150号、オキアミ五目は片テン3本バリ仕掛けでオモリ100号を使用

当日のタックル

ダイワ(DAIWA) 21 シーボーグ 300J

ダイワ(DAIWA) 21 シーボーグ 300J

最安値価格
¥70,793(Yahoo!)

Amazonへ ¥71,340

楽天市場へ ¥71,340

Yahoo!へ ¥70,793

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル4 300m 3.0号 49.1lb PL-F74R 釣り糸 ライン 3号

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル4 300m 3.0号 49.1lb PL-F74R 釣り糸 ライン 3号

最安値価格
¥1,621(amazon)

Amazonへ ¥1,621

楽天市場へ ¥1,650

Yahoo!へ ¥1,638

オーナー(OWNER) インターロックスナップ付スイベル 1号 72470

オーナー(OWNER) インターロックスナップ付スイベル 1号 72470

最安値価格
¥275(amazon)

Amazonへ ¥275

Yahoo!へ 取扱なし

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

佐衛美丸に乗船してみたい方はこちら!

【南房(千葉県)クロムツ船】人気ランキング

【南房(千葉県)イサキ船】人気ランキング

隔週刊つり情報(2022年1月15日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 8月1日号 No.1102」
7月12日(金)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
夏休みを釣り尽くそう船釣り
サマーホリデー
  • ◎ ライトアジ
  • ◎ シロギス
  • ◎ 夜メバル・カサゴ

夏休み目前!
お得な割引&キャンペーン情報

第2特集
鹿島の夜マルイカ&
石廊崎沖のスルメイカ
夏イカ2選
第3特集
何が釣れるかお楽しみ沼津の
泳がせ&落とし込み五目
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事