PR

会員登録(無料)

ログイン

南房江見のぜいたくメニュー クロムツ&アカムツのリレー釣り

隔週刊つり情報編集部

南房地区といえば朝方フラッシャーサビキでアジ・サバを釣り、その後オニカサゴやイカに転じるリレー釣りが盛んなエリアだ。

江見太夫崎港の渡辺丸もリレー釣りを受け付けてくれる1軒で、ホームページの出船予定を見るとクロムツ(ムツ)とアカムツのリレー釣りのプランが。

ブラックダイヤとレッドルビー、この海の宝石リレー釣りプランに目が眩んだのはいうまでもなく、10月中旬、江見太夫崎港を訪れた。

中深場用のタックルを準備

早朝3時半、私を含む6名の釣り人が集合場所の漁協前に待機していると、15tの大型船が接岸される。

事前に伺った概要では前半に狙うクロムツの仕掛けは8本バリのフラッシャーサビキでオモリは150号。

後半のアカムツは胴つき2~3本バリ、オモリは200号。

クロムツ狙いのときは水深90~170mだが、アカムツは300m近い所まで探ることもあるので、リールはPE4号を最低400m巻いたものを用意。

竿はアカムツ専用のほか、イカ竿、青物用など、200号のオモリを背負えて、誘い・操作しやすいものであればなんでもOKとのこと。

釣行の写真

クロムツのポイントは水深90~170m前後。

釣行の写真

アカムツのポイントは水深200m前後を中心に300m付近まで探る。

餌の写真

(左)クロムツはオモリ150号、アカムツは200号を使用。(右)エサは持参だが予約時に注文すれば冷凍ホタルイカを用意してくれる。サバが釣れたらさばいて切り身エサに。

派手なアタリで多点掛け

4時少し前に出船となり、満天の星空の下、安全航行で進むことおよそ30分で鴨川沖の釣り場に到着。

「どうぞ始めてください。水深は92mです」

早い時間帯ほど有利かと期待したが、開始から2流しは船中ノーシグナル。

「まだ時間が早いんですよ。もう少したったら釣れ出しますから」と常連の西野さん。

その言葉どおり、5時近くになり東の空が白み始めたところで、ガクガクガクとクロムツ特有の派手なアタリに各自の竿がたたかれ始める。

右胴の間の内野さんのヒットを皮切りに、はるばる宮城県から来られた佐々木さんも4尾掛け、西野さんも3尾掛けと船中いきなりのウハウハモードに突入。

私の仕掛けにも4尾のクロムツ。

大きいものは36cmと文句なしのサイズだ。

交じりでサバが釣れたらリリースせずアカムツのエサ用に大事にキープ。

その後も深みに落ちていく反応を追いながら追釣していくも次第に反応もなくなり、アタリが途絶えた6時に終了となる。

普段ならクロムツも20尾前後の釣果は堅いとのことだが、当日は潮が2ノット近くと速く、反応からアッという間に外れてしまい、時合は一瞬。

それでもド派手なアタリにゾロゾロ多点掛けと実に楽しめたショートタイムであった。

釣行の写真

(左)いい日は20尾以上の釣果が上がっている。(右)筆者も良型クロムツをキャッチ。

釣行の写真

フラッシャーサビキは船宿仕掛けがおすすめ。

デカイのきたぞ!

アカムツ狙いは20分ほど南下した和田沖。

先ほど釣れたサバをカットし、ツボ抜きしたホタルイカと抱き合わせでハリに付けて水深210mの海底へと送り込む。

しかし、ここでも潮が速く、仕掛けが着底したのは道糸が270mも出たところ。

底ダチを取り直すと、トモ側に流れていた道糸が徐々に立ってくる。

上潮ばかりが速く、底潮が流れない二枚潮のようだ。

さっそくのアタリはクロムツ。

うれしいけれど、ここではゲスト扱い。

たまにオッ!?という引き。

念のため慎重に巻き上げてみるが・・・ギャラリーに注目されるなか上がってきたのはやっぱりお前か!のツノザメ。

だまされたと全員が苦笑い。

「潮方が悪いね。アカムツはほんの少しでも潮が気に入らないと口を使わないからねぇ」

そんな不穏ムードのなか、手持ち竿で積極的に誘いを入れていた西野さんの竿にゴンゴンゴンといいアタリ。

「サメだよ、サメ」ののち、「ウォッ!?アカムツだよ!アカムツ!!」

ギャラリーの冷やかしの声が歓声に変わる。

タモの中で踊るレッドルビーの魚体。

しかもデカい!

その場で計測すると48cm、1.4kgのビッグサイズ。

これが江見沖のポテンシャル。

見ているこちらまでが興奮してくる。

仕掛けを入れ直した西野さんにまたまたヒット。

これも40cm、1kgの見事なサイズだ。

冷やかしてばかりいられないと、お隣の佐々木さんも奮闘。

沖揚がり間際に本命のアタリをキャッチ。

30cm級を釣り上げ有終の美を飾ってくれた。

アカムツを釣り上げた2人に釣れたタナを伺うと、いずれも掛かったのは上のハリ。

オモリも底を2m切っていたというから、およそ底上4~5mのところでヒットしたということだ。

船長が言っていたとおり、底ばかりにとらわれず、手持ち竿で広く探ることが重要ということを再認識。
 
10時に沖揚がり。

当日の釣果は30~36cmのクロムツを4~10尾、28~48cmのアカムツが船中3尾。

「初めて渡辺丸に乗りましたが、船長のレクチャーのおかげで釣れました。アカムツはふられましたが、また乗りたいですね」とはクロムツでトップの内野さん。

クロムツのお土産はハズレなし。

潮況がよければ大型のアカムツもゲットできちゃう魅惑のリレー釣り。

アカムツ&クロムツは8人限定。

温厚な船長が優しくレクチャーしてくれるのでビギナーにもおすすめだ。

釣行の写真

アカムツ仕掛けのハリスには定番のマシュマロボールやフロートパイプなどの浮力アイテムを付ける。

釣行の写真

ルアーも同船OK。

釣行の写真

日中もクロムツが交じる。

【知っ得!船長に聞きました】クロムツ&アカムツのコツは?

「早朝のクロムツ狙いは、派手な誘いを入れると道糸のマーカー部にスミヤキが食い付いて道糸を切られやすいので、シャクリなどはしないほうがいいです。

反応は結構高く出るので、着底したら底から15mくらいまでデッドスローの電動巻き上げで探ってください。

クロムツは夜が明けるまでの短時間勝負。

数をのばすにはアタリがきたら巻き上げを止め、その場で少し待ち、追い食いさせてください。

フラッシャーサビキで十分釣れますが、サバの切り身を付けるとより効果的です。

貸し出し無料のマグネット板もあるので、仕掛けの扱いに不慣れな方は遠慮なく使ってください。

アカムツはほかのエリアと同様に基本はゼロテン釣法ですが、南房はタナがかなり上ずることも珍しくないので、底ばかりにとらわれず、底上3~5mまで誘うことも必要です。

置き竿では釣果はのびません。

やはり竿は手持ちで、ゆっくりとていねいに根気よく誘いを入れ続けること。これに尽きます」

釣行の写真

手を休めず誘うことが重要。

当日のタックル

フラッシャーサビキ仕掛けは各メーカーより色いろなスペックのものが販売されているが、初めてのときは船宿仕掛けを使用するのが失敗のない選択だ。

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル8 300m 4.0号 67.8lb PL-F78R 釣り糸

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル8 300m 4.0号 67.8lb PL-F78R 釣り糸

最安値価格
¥2,575(amazon)

Amazonへ ¥2,575

楽天市場へ ¥2,620

ヤマシタ(YAMASHITA) マシュマロボール アカムツSP L ピンク

ヤマシタ(YAMASHITA) マシュマロボール アカムツSP L ピンク

最安値価格
¥379(楽天市場)

Amazonへ ¥417

楽天市場へ ¥379

景山 下オモリ (カン付) 150号 3本入り

景山 下オモリ (カン付) 150号 3本入り

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

渡辺丸に乗船してみたい方はこちら!

【南房(千葉県)クロムツ船】人気ランキング

【南房(千葉県)アカムツ船】人気ランキング

【隔週刊つり情報(2021年11月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 8月1日号 No.1102」
7月12日(金)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
夏休みを釣り尽くそう船釣り
サマーホリデー
  • ◎ ライトアジ
  • ◎ シロギス
  • ◎ 夜メバル・カサゴ

夏休み目前!
お得な割引&キャンペーン情報

第2特集
鹿島の夜マルイカ&
石廊崎沖のスルメイカ
夏イカ2選
第3特集
何が釣れるかお楽しみ沼津の
泳がせ&落とし込み五目
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事