PR

会員登録(無料)

ログイン

ヒラメルアーの種類と色を詳しく解説!人気メーカーのおすすめルアーもピックアップ!

船釣りマガジン 編集部

幅広い釣り人から不動の人気を誇るヒラメは、様々な釣り場で狙えるターゲットです。

船釣りやエサを使用した投げ釣りで狙うのが主流ですが、最近はショアからルアーでヒラメを狙う釣りが浸透してきました。

今回はそんなヒラメ釣りに用いるルアーについて詳しくご紹介します。

ヒラメルアーの種類や効果的なルアーの色を解説していますので、どんなルアーを選べば良いか迷っている方は必読です!

記事を読む前に図鑑でヒラメについて知ろう

ヒラメルアーの種類

ヒラメルアーには様々な種類があり、ルアーごとに特徴やアピール方法が異なります。

今回はヒラメルアーの定番である「ジグヘッド+ワーム」「ミノー」「メタルジグ」の3種類について、それぞれ詳しく解説していきます。

①ジグヘッド+ワーム

ジグヘッド+ワームは、オモリとハリが一体になったジグヘッドと呼ばれる仕掛けに、虫や小魚の形をしたワームを組み合わせたルアーです。

ジグヘッドの重さやワームの色を変えることで、状況に応じて細かく調整できるのが特徴です。

例えばジグヘッドを重くすれば飛距離を稼ぐことができ、軽くすればより自然に誘うことができます。

ちなみにジグヘッドにワームを装着するメリットとしては、ヒラメの歯型を残せる点が挙げられます。

ワームは柔らかくヒラメが少しバイトしただけでも歯型が付くので、巻き取って確認したときに、感じたアタリがヒラメによるものか根掛かりによるものかを判別することができます。

②ミノー

ミノーは細長い形状をしたルアーで、小魚に似せて作られています。

動かし方によって様々な誘いができ、1つあると便利なルアーです。

スピードの調整も可能なので、他のルアーでは難しいスローなアクションを実践できます。

また、ミノーは重心が移動するシステムを搭載しているものが多いです。

キャストすると重心が後方に移動し、飛距離が出る仕様になっています。

そのため、波打ち際から沖合まで幅広いポイントを探れるのがメリットです。

③メタルジグ

メタルジグは鉛やタングステンなどの金属素材でできたルアーで、ヒラメの他青物やマダイ、タチウオなど様々な魚種を狙うのに用いられます。

重さがある分底取りがしやすく飛距離も出やすいため、遠投して探りたいときにおすすめです。

シャクリ方や巻くスピードを変えればアピール力を調整できるので、様々な状況に対応できます。

また、メタルジグは頑丈に作られているためヒラメの鋭い歯で破損する心配もなく、耐久性が高いのもメリットです。

メタルジグと特徴が似ていることから、鉄板系のバイブレーションもヒラメルアーに適しています。

ヒラメが反応しやすいルアーの色

ヒラメルアーには様々なカラーのラインナップがあり、同じ形状でも色によってアピール力が異なります。

一般的にヒラメによく効くと言われているのが、ゴールド系やオレンジ系のルアーです。

これらの色はアピール系のカラーと呼ばれ、その日のヒラメの活性を知るのに役立ちます。

釣り場に着いたらまずはアピール系のルアーを投げてみて、ヒラメが食い付くかどうかチェックしてみましょう。

また、シルバーやグリーンといったリアル系に分類されるカラーは、より自然にヒラメを誘いたいときにおすすめです。

夜釣りにはホワイト系のルアーに食い付くことが多いため、状況に合わせて使い分けることが大切です。

アピール系のルアーをヒラメ釣りで使ってみると・・・

編集部が実際にゴールド系のルアーをヒラメ釣りで使ってみると、そのアピール力の高さに驚きました。

水深が浅いポイントにルアーをキャストし横に引きながら泳がせてみると、水面から見ても分かるぐらいボディがギラギラと輝き、よく目立ちました。

このアピール力があればボトム付近に潜んでいるヒラメの目にも入りやすく、バイトを誘発できるでしょう。

ちなみにヒラメの食いが浅い場合は、ルアーの色やリトリーブスピードを変えて試してみるのがおすすめです。

おすすめのヒラメルアー

それでは、実際にヒラメ釣りで使いたいルアーをピックアップしてご紹介します。

今回は、先ほど述べたヒラメルアーの種類ごとにおすすめのアイテムをまとめています。

どれもAmazonで評価の高い商品を厳選していますので、ぜひルアー選びの参考にしてくださいね!

①ジグヘッド+ワーム

DUO(デュオ) ワーム ビーチウォーカー ハウル 27g ヒラメゴールド/ヒラメゴールドG AHA0063 ルアー

DUO(デュオ) ワーム ビーチウォーカー ハウル 27g ヒラメゴールド/ヒラメゴールドG AHA0063 ルアー

最安値価格
¥883(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,040

楽天市場へ ¥921

Yahoo!へ ¥883

ダイワ(DAIWA) ヒラメ ワーム フラットジャンキー ロデム4 21g ヒラメバーニング ルアー

ダイワ(DAIWA) ヒラメ ワーム フラットジャンキー ロデム4 21g ヒラメバーニング ルアー

最安値価格
¥899(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,275

楽天市場へ ¥910

Yahoo!へ ¥899

COREMAN(コアマン) ルアー VJ-16 バイブレーションジグヘッド ゴールドヘッド/シャローイワシ

COREMAN(コアマン) ルアー VJ-16 バイブレーションジグヘッド ゴールドヘッド/シャローイワシ

最安値価格
¥3,200(amazon)

Amazonへ ¥3,200

楽天市場へ ¥4,452

Yahoo!へ ¥3,297

まずはジグヘッド+ワームから紹介します。

これらのルアーを実際に水中で泳がせてみると、まるで小魚のような動きでヒラメを誘ってくれます。

ジグヘッドによってラインアイが固定され、ワームの回転を抑えてくれるので遠投もしやすいです。

今回ピックアップした商品の中で特に初心者の方におすすめなのが、デュオのジグヘッド+ワームです。

こちらはジグヘッドとワームがすでにセットされた状態で販売されているので、パッケージから取り出してすぐに使うことができます。

また、交換用のシャッドをなくすことでコストを抑えており、手に入れやすい価格帯に設定されているのも嬉しいポイントです。

ダイワとコアマンからリリースされているルアーについても、それぞれジグヘッドとワームの装着が簡単にできる仕様なので、釣り場でもたつくことなくスムーズに交換できます。

②ミノー

シマノ(SHIMANO) 熱砂 ヒラメミノー 135S フラッシュブースト 010 Fサーフマンゴー

シマノ(SHIMANO) 熱砂 ヒラメミノー 135S フラッシュブースト 010 Fサーフマンゴー

最安値価格
¥1,998(楽天市場)

Amazonへ ¥2,000

楽天市場へ ¥1,998

Yahoo!へ ¥1,998

ダイワ(DAIWA) ヒラメ ミノー フラットジャンキー ヒラメハンターZ 3Dイワシ 120S ルアー

ダイワ(DAIWA) ヒラメ ミノー フラットジャンキー ヒラメハンターZ 3Dイワシ 120S ルアー

最安値価格
¥1,707(楽天市場)

Amazonへ ¥1,820

楽天市場へ ¥1,707

Yahoo!へ ¥1,707

Jackson(ジャクソン) ジグミノー アスリート 9JM 90mm 34g ブルーバック鮭稚魚 BSK ルアー

Jackson(ジャクソン) ジグミノー アスリート 9JM 90mm 34g ブルーバック鮭稚魚 BSK ルアー

最安値価格
¥1,270(楽天市場)

Amazonへ ¥1,900

楽天市場へ ¥1,270

Yahoo!へ ¥1,270

ミノーはどのメーカーのものも遠投機能が備わっており、ヒラメ釣りに必要な飛距離をしっかり稼いでくれるのが特徴です。

シマノのヒラメミノーは独自の重心移動システムを搭載しており、キャストや誘いの性能を強化しています。

また、ボディに付いたウロコには精度の高いホログラムを採用しており、アピール力の高さにも定評があります。

さらに広範囲をスピーディーに誘いたい方には、ダイワのヒラメミノーがおすすめです。

素早いアクションに適した形状になっているので動きを付けやすく、ボトムに潜んだ大型のヒラメにもしっかりアピールできます。

ジャクソンからリリースされているミノーも操作性に長けており、幅広いリトリーブスピードに対応できるのが特徴です。

ちなみに釣り場によっては同じミノーでマゴチや青物、シーバスなども釣れることがあります。

どの魚種も強い引きが楽しめるので、掛かったらぜひ釣り上げてみてください。

③メタルジグ

Jackson(ジャクソン) ルアー メタルジグ 飛び過ぎダニエル 80mm 30g ヒラメノエサ WHE ルアー

Jackson(ジャクソン) ルアー メタルジグ 飛び過ぎダニエル 80mm 30g ヒラメノエサ WHE ルアー

最安値価格
¥850(楽天市場)

Amazonへ ¥1,091

楽天市場へ ¥850

Yahoo!へ ¥850

メジャークラフト ルアー ジグパラ ブレード 55mm 14g #15 ケイムライワシ

メジャークラフト ルアー ジグパラ ブレード 55mm 14g #15 ケイムライワシ

最安値価格
¥740(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,250

楽天市場へ ¥836

Yahoo!へ ¥740

シマノ(SHIMANO) ルアー フラットフィッシュ 熱砂 スピンビームTG 42g OO-242P 002 ヒラメゼブラG

シマノ(SHIMANO) ルアー フラットフィッシュ 熱砂 スピンビームTG 42g OO-242P 002 ヒラメゼブラG

最安値価格
¥1,528(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,980

楽天市場へ ¥1,634

Yahoo!へ ¥1,528

底を取りやすく遠投に適したメタルジグは、メーカーごとに様々な形状や色がラインナップされています。

中でもジャクソンからリリースされているメタルジグは、サーフや磯、港湾などあらゆる釣り場に対応できる遠投性能が魅力です。

激しいアクションでヒラメを始めとした多彩な魚種が狙えるため、汎用性の高いメタルジグを探している方におすすめです。

メジャークラフトやシマノからは定番のメタルジグが販売されており、耐久性や使いやすさに定評があります。

初心者の方でも手軽に扱えるので、1つは持っておきたいアイテムです。

ヒラメが釣れるポイント

ヒラメルアーを準備できたら、早速釣り場に出かけましょう。

釣り場としては河川や河口域、サーフがメインになりますが、その中でもヒラメを釣りやすいポイントがあります。

それは、離岸流(=岸に打ち寄せた波が沖へ戻ろうとするときに起こる急速な流れ)が発生しやすい場所です。

このような場所は水深が深いのが特徴で、エビやカニ、小魚などが集まりやすくなっています。

そのため、エサを求めて泳いできたヒラメが多く潜んでいます。

また、堤防でヒラメ釣りを実践する場合は漁港の入口付近がおすすめです。

その理由は、漁船が頻繁に通ることでミオ筋が作られ、地形変化によってヒラメのエサが溜まりやすいからです。

このように、ヒラメにとって絶好のエサ場は、釣り人にとって絶好のポイントになります。

ヒラメルアーを駆使して大型のヒラメを釣り上げよう!

今回はヒラメルアーについて詳しくご紹介しました。

色や種類が豊富で選択に迷うヒラメルアーですが、様々な状況に対応できるよういくつか準備しておくと安心です。

釣りを実践する中で色々と試してみて、自分が一番釣りやすいルアーを見つけてくださいね!

ヒラメルアーについて詳しくはこちらの記事をチェック!

この記事に関するよくある質問

ヒラメルアーにはどんな種類がありますか?

ヒラメルアーには様々な種類がありますが、「ジグヘッド+ワーム」「ミノー」「メタルジグ」などがよく使われます。ジグヘッド+ワームは重さや色を変えることで、状況に応じて細かく調整できるのが特徴です。ミノーは細長い形状をしたルアーで、動かし方によって様々な誘いができます。メタルジグは鉛やタングステンなどの金属素材でできたルアーで、遠投して探りたいときにおすすめです。

ヒラメ釣りに効果的なルアーの色は何色ですか?

一般的にヒラメによく効くと言われているのが、ゴールド系やオレンジ系のルアーです。これらの色はアピール系のカラーと呼ばれ、その日のヒラメの活性を知るのに役立ちます。また、シルバーやグリーンといったリアル系に分類されるカラーは、より自然にヒラメを誘いたいときにおすすめです。

船釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

人気記事