PR

会員登録(無料)

ログイン

アオリイカが釣れる時期はいつ?エギングにおすすめの釣り場や時間帯もご紹介!

船釣りマガジン 編集部

海釣りで人気のターゲット、アオリイカ。

ショアからでもオフショアからでも狙えるアオリイカですが、実は時期によって釣れるサイズや釣りやすさが変わります。

そのため、釣果を伸ばすにはアオリイカの時期ごとの性質や習性を把握しておくことが重要になってきます。

そこで今回はシーズンごとのアオリイカの特徴をまとめ、釣りに最適な時期をご紹介します。

後半は手軽に狙えるエギングにフォーカスし、エギングにおすすめの釣り場やタックルについて解説しますので、エギング初挑戦の方はぜひ参考にしてくださいね!

アオリイカについてもっと知りたい方はこちら

アオリイカの釣り方

アオリイカはショアからでもオフショアからでも狙えるターゲットです。

ショアから釣る場合は堤防や磯でのエギングが主流ですが、ヤエン釣りやウキ釣りでも狙えます。

一方、オフショアでの釣りにはティップランエギングやバーチカルエギングなどがあります。

ショアでのエギングは手軽に実践できるのが魅力ですが、アタリに恵まれないことがあるのも事実です。

その点船釣りでは的確なポイントを探れるため、釣果を期待できるのがメリットと言えます。

いずれにしてもアオリイカは強い引きを楽しめて食味もよいので人気が高いターゲットです。

アオリイカ釣りに最適な時期

アオリイカ釣りに最適なシーズンは、春と秋の2つに分かれます。

3~6月の春から初夏にかけては親イカシーズンと呼ばれ、産卵をひかえた大きいサイズのアオリイカを狙えます。

また、この時期のアオリイカは産卵のために接岸してくるので、ショアからでも釣りやすいのが特徴です。

一方、秋は春に孵化したアオリイカが成長する時期と重なり、小型のイカがたくさん釣れるようになります。

同じ秋でも9月初旬はアオリイカのサイズが小さくリリースしても弱ってしまうことが多いため、水温が少し下がった10月頃がおすすめです。

この時期は子イカシーズンと呼ばれ、手頃なサイズに成長したアオリイカの強い引きと数釣りを楽しめます。

大型のアオリイカを狙うなら春、数釣りをしたいなら秋と、時期によって違う楽しみ方ができるのもアオリイカ釣りの魅力です。

ちなみに水温が低くなる冬は深場に棲み着くのでショアからだとなかなか釣れませんが、夏(7~8月頃)は産卵するのが遅かった親イカや早く生まれた子イカが釣れることがあります。

アオリイカのオフシーズンは釣り場も空いているため、上級者アングラーは一度挑戦してみてもよいでしょう。

エギングとは?

ここからは、ショアから手軽に実践できる釣法として人気のエギングについてご紹介します。

エギングはエギと呼ばれるルアーをキャストし、主にアオリイカをターゲットにする釣り方です。

エギをキャストしたら底まで落とし込み、ズル引きしてボトムの地形変化を探ります。

アオリイカは地形変化の多い場所を好むので、そのようなポイントを見つけたらシャクリながらアピールしましょう。

アタリが出たら合わせ、テンションを一定に保ちながらリールを巻きます。

エギングの詳しい手順については、下の記事で解説しています。

アオリイカの釣り方ってムズかしいの?初心者アングラーにおすすめのエギングとは|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

アオリイカの釣り方ってムズかしいの?初心者アングラーにおすすめのエギングとは|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

優雅に海中を泳ぐアオリイカ、その姿を見つけてしまったら、なんとか釣りたい!という気持ちになりますよね。最近では船からのアプローチであるイカメタルなどが盛んになっていますが、初心者の人には手軽にショアからのキャスティングで楽しめる、エギングをおすすめします。「でもエギを操るのって、コツ習得がムズかしいんでしょ?」いえいえ、そんなことはありません。アオリイカの習性をよく知ってから、堤防などのフィールドへ足を運んでみましょう。

FISHING JAPAN

エギングにおすすめの釣り場

アオリイカはエサである小魚などを効率よく捕食するため、普段は藻や岩などの物陰に潜んでいることが多いです。

そのため、釣り場としては海底の地形変化が多い磯場や堤防の先端部分、ミオ筋などが好ポイントになります。

また、釣り場の近くに墨跡がないかを探してみるのも一つの手です。

さらにアオリイカは高い水温を好み、海水温が15℃より低い場所ではあまり釣れないため、水温を考慮して釣り場を選ぶのも効果的です。

釣り場に着いて海中のアオリイカの居場所を探るときは、エギを上手く活用しましょう。

その際、使用するエギは傷んで古くなったものがおすすめです。

まずは最後尾に付いている針(=カンナ)をボディに沿うように曲げ、根掛かりする確率を減らしましょう。

エギをラインに結んでキャストし、海底まで沈めたら底を引きずりながら、地形変化や藻の有無を確認します。

海底の情報が多ければ多いほど、アオリイカが潜んでいる可能性が高いです。

アオリイカが釣れないときに試したい対処法についてはこちら!

アオリイカが釣れない理由!エギングって難しいの?初心者のお悩み解決特集|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

アオリイカが釣れない理由!エギングって難しいの?初心者のお悩み解決特集|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

エギングでアオリイカを釣る人が、ある時期爆発的に増えたように感じます。近郊の港はもちろん、釣り専門誌やサイトで取り上げられた地方の釣り場には、週末になるとエギングロッドを手にした釣り人でいっぱいに。極端なケースでは、ロッドを振るスペースがないくらいの人出が押し寄せたところもありました。確かにアオリイカは高級な魚類(イカなんですけど・・)に含まれますし、エギングという釣りスタイル自体が真新しいアプローチに輝いて見えましたから、多くの釣り人の興味を引き付けたのは間違いないでしょう。でもそんなに人が釣り場に居ては、釣れるものも釣れなくなってしまいますよね。

FISHING JAPAN

エギングに適した時間帯

アオリイカが捕食する小魚は、マズメ時と呼ばれる早朝と夕方に活発に動き出します。

そのため、アオリイカの活性が高くなるのもこの時間帯です。

日の出と日の入りの前後1時間を目安にエギングを実践すると、アオリイカの釣果アップが期待できます。

エギングにおすすめのタックル

それでは、アオリイカ釣りにおすすめのエギングタックルをピックアップしてご紹介します。

エギングに初めて挑戦する方は特に、どのようなタックルを揃えればよいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ロッド、リール、ライン、エギの4項目に分けておすすめのアイテムを厳選しました。

ぜひ購入時の参考にしてくださいね!

ロッド

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 18 セフィア BB S86M オールラウンド 操作性・遠投性・パワーのバランス型

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 18 セフィア BB S86M オールラウンド 操作性・遠投性・パワーのバランス型

最安値価格
¥8,375(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,907

楽天市場へ ¥10,120

Yahoo!へ ¥8,375

シマノの『セフィアBB』は信頼のショアエギングロッドとしてファンも多いシリーズですが、ハイパワーXというブランクスの強化構造が施されてからはさらに性能がアップしました。

キャストの精度やジャークのパワー伝達性、エギの操作性などが向上し、エギングのあらゆるシーンで優れたパフォーマンスを発揮します。

このモデルは軽さや硬さなど基本スペックに定評があり、使い勝手の良さが好評です。

【自重】107g
【適合エギ】2.0~4.0号
【適合ライン】0.5~1.0号

エギングロッドはまだまだたくさんあります!詳しい選び方についてはこちら!

【2022年最新版】エギングロッド徹底解説!プロによるロッドの選び方&厳選ロッド16本を紹介!|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

【2022年最新版】エギングロッド徹底解説!プロによるロッドの選び方&厳選ロッド16本を紹介!|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

一般的に春~初夏にかけてと、秋~初冬にかけてがエギングを楽しめるシーズンと言われています。この時期になると、様々なフィールドでエギングロッドを振るアングラーの姿を見かけたことがあるでしょう。そのエギングに用いるロッドですが、各メーカーから驚くほどたくさんの種類が発売されていて、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。そこで今回は、エギングロッドを選ぶうえで重要なポイントを解説し、初心者から上級者まで納得して使える、編集部おすすめのエギングロッドをご紹介します。後半ではエギングでアオリイカをうまく釣るコツについても触れていますので、エギング初挑戦のアングラーの方も必見です!

FISHING JAPAN

リール

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 17 エメラルダスMX 2508PE-H-DH (2017モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 17 エメラルダスMX 2508PE-H-DH (2017モデル)

最安値価格
¥23,800(amazon)

Amazonへ ¥23,800

楽天市場へ ¥24,394

エメラルダスシリーズのエギングリールの中でも、特に人気が高いのが2508番手のダブルハンドルタイプです。

滑らかな巻き心地とデザイン性には定評があり、長く使い続けたいモデルとして多くの釣り人から支持されています。

ダイワ独自の技術により、ライントラブルの抑制やスムーズなリトリーブを実現しているため、激しいエギングの動作にも対応できるのが魅力です。

その他のおすすめエギングリールはこちらの記事をチェック!

【2022年】エギングリールの選び方&プロおすすめのモデルをご紹介!|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

【2022年】エギングリールの選び方&プロおすすめのモデルをご紹介!|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

一般的に春~初夏にかけてと、秋~初冬にかけてがエギングを楽しめるシーズンと言われています。この時期になると、様々なフィールドでアオリイカを釣り上げるアングラーの姿を見かけたことがあるでしょう。そのエギングに用いるリールですが、各メーカーから驚くほどたくさんの種類が発売されていて、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。そこで今回は、エギングリールを選ぶうえで重要なポイントを解説し、初心者から上級者まで納得して使える、編集部おすすめのエギングリールをご紹介します。メーカーやハンドルタイプごとにリールをピックアップしていますので、ぜひ購入時の参考にしてくださいね!

FISHING JAPAN

ライン

ダイワ(DAIWA) フロロライン エメラルダスリーダー 2号 35m ナチュラルグリーン

ダイワ(DAIWA) フロロライン エメラルダスリーダー 2号 35m ナチュラルグリーン

最安値価格
¥770(楽天市場)

Amazonへ ¥793

楽天市場へ ¥770

人気釣具メーカーのダイワがリリースしている、コスパ優秀なエギング用PEラインです。

ライン表面にシリコン加工が施されているので摩擦に強く、キャスト時もスルスル放出されます。

これなら岩礁帯などの地形変化が多いポイントで使用する際も安心です。

メインカラーはホワイトで、あらゆるシチュエーションに適する使い勝手のよさも魅力です。

こちらの記事ではエギングラインの選び方を詳しく解説しています!

エギングライン特集!初心者にも分かりやすいエギング用PEラインの選び方|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

エギングライン特集!初心者にも分かりやすいエギング用PEラインの選び方|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

アオリイカをエギで誘うために、操作性の高いタックルを組まなければなりません。ロッドの性能を最大に活かしつつ、専用のスピニングリールにしっかり収まってくれるのが、エギング用のPEラインです。伸びの無さが高い感度を生み、深い層に沈んだエギからの情報を、的確にアングラーに伝えてくれますよ。最近では0.5号前後のPEラインを用いるのが当たり前になってきましたから、どのようなメーカーのものを使えばいいのか、指標が欲しいところです。実際にエギングで使ってみたインプレも含め、初心者にも扱いやすいエギングラインをご紹介しましょう。

FISHING JAPAN

エギ

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 LIVE S 3.5号 19g ピンクゴールド #027 604801 ルアー

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 LIVE S 3.5号 19g ピンクゴールド #027 604801 ルアー

最安値価格
¥882(楽天市場)

Amazonへ ¥887

楽天市場へ ¥882

ヤマリアからリリースされている、人気の高いベーシックなエギです。

ピンクゴールドのカラーはよく目立ち、水中を沈んでいく姿がはっきり見えるので、アオリイカのバイトが把握しやすいです。

シンカーにはスズが使われているのでスローフォールに役立ち、シャローエリアでの根掛かりも回避できます。

その他のカラーバリエーションも豊富なので、複数色揃えておけば様々なシチュエーションに対応しやすいでしょう。

【サイズ】3.5号
【重さ】19g
【全長】105mm

エギの選び方や使い方に悩んでいるならこちらの記事がおすすめ!

初心者におすすめのエギってどれなの?選び方や使い方も詳しくチェック|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

初心者におすすめのエギってどれなの?選び方や使い方も詳しくチェック|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

エギングを始めたい!と考えている初心者の人が釣具店へ出向くと、とんでもない数のエギに遭遇します。いったいこれっていくつあるの?と目を疑いたくなるほどの種類に、圧倒されてしまうでしょう。ここでは、実釣で効果のありそうなおすすめのエギをご紹介します。「確かにカラーの種類とかヤバイぐらいあるよね!」どれがいいのかサッパリ分からない!という声を、よく聞きます。カラーやサイズ、それからコスパの良いものも含めて、おすすめのアイテムをピックアップしてみましょう。

FISHING JAPAN

アオリイカのシーズンを知れば釣りがもっと楽しくなる!

今回は、アオリイカ釣りについてご紹介しました。

ショア、オフショア問わず狙えるアオリイカは、釣って楽しく食べて美味しい最高のターゲットです。

春は大物狙い、秋は数釣りとシーズンごとに楽しみ方が変わるのもアオリイカ釣りの魅力です。

ぜひどちらも体験して、様々なアオリイカを釣り上げてくださいね!

アオリイカ釣りの時期について詳しくはこちらの記事をチェック!

アオリイカの釣れる時期は春と秋!水温やシーズナルパターンをチェック!|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

アオリイカの釣れる時期は春と秋!水温やシーズナルパターンをチェック!|FISHING JAPAN(フィッシングジャパン)

アオリイカをターゲットにしたエギングが盛んにおこなわれていますが、そもそもアオリイカが釣れる時期はいつなのか知っていますか?「アオリイカは秋に生まれるから秋が良い」「春は産卵をひかえ岸辺によってくる」など、さまざまな情報が飛び交っていて混乱してしまうこともあります。今回は、アオリイカをターゲットにしたエギングに一押しの時期やシーズナルパターンをご紹介します。

FISHING JAPAN

この記事に関するよくある質問

アオリイカの釣り方は?

アオリイカをショアから釣る場合は堤防や磯でのエギングが主流ですが、ヤエン釣りやウキ釣りでも狙えます。一方、オフショアでの釣りにはティップランエギングやバーチカルエギングなどがあります。いずれにしてもアオリイカは強い引きを楽しめて食味もよいので人気が高いターゲットです。

アオリイカ釣りのオフシーズンはいつ?

アオリイカ釣りのオフシーズンは夏と冬です。水温が低くなる冬は深場に棲み着く習性があるため、釣るのは難しいでしょう。夏も釣りにくい時期ではありますが、7~8月頃は産卵するのが遅かった親イカや早く生まれた子イカが釣れることもあります。

エギング」カテゴリの人気記事

船釣り」カテゴリの人気記事

人気記事