PR

会員登録(無料)

ログイン

寒のマダイの食わせ技~活性が低くても大丈夫!ヒット率をアップさせる撒き餌とタナ取りの工夫~

船釣りマガジン 編集部

立春とは、二十四節気における一つ目の節気を指します。

今年は2月4日でした。

そして立春から立夏までの期間を、一般的に春と呼んでいます。

例年のことですが、立春をとっくに過ぎて暦の上では春になっても、海の中の春はなかなかやってきません。

大阪湾を例に取ると立春の頃、つまり2月初旬から3月初旬が最も水温の低い時期に当たります。

これは熱しにくい代わりに冷めにくいという、海水の性質が原因です。

そのため海水温が少しずつ上がり始め海の中に本当の春がやって来るのは、地上より2カ月近くも遅い、4月後半から5月にかけてということになります。

寒い時期でもマダイは釣れる?

1年で最も水温の低い時期に当たる3月、深場に落ちたマダイ達もじっと我慢で厳しい寒さに耐え忍んでいます。

ただ、寒く活性が低いからといって、まったくエサを食べずに過ごせるわけではありません。

マダイの目の前にきちんとエサを届けてやりさえすれば、マダイは釣れるのです。

では、どうすれば寒のマダイを食わせることができるのか、そのポイントをいくつかご紹介しましょう。

マダイってどんな魚?

寒のマダイ狙いにはエサを出し惜しみすべし!

まず一つ目は、エサを撒きすぎないことです。

水温が低くて動きも鈍く、マダイの活性も上がらないので、盛期のように食欲旺盛ではありません。

そんな状態のマダイに、それ食え、やれ食えとばかりにマキエすると、マキエは食ってもそれだけでお腹が一杯になってなかなかサシエまで食ってくれません。

そのため小さめのカゴを使い詰めるオキアミも半分ぐらいにして、まるで出し惜しみするかのように、ちびり、ちびりと撒いてやるのが効果的なのです。

サシエのオキアミも2匹を抱き合わせにして刺すよりは、少し大きめのものを選んで1匹刺しにする方がいいでしょう。

狙うタナはマダイ好みのベイトに関係する!?

2つ目のポイントは狙うタナです。

寒のマダイが春のように浮かないことにはベイトが関係しています。

水温が低い時期は、中層にマダイが好むベイトがいないことが多いです。

ほとんど底にいるエサを食べているのだとすれば、この時期は仕掛けを底にはわせるようにして狙った方が食う確率が高いと言えます。

潮が緩いときはほとんどベタ底、少し潮が速いときは先バリが底に着くくらいのタナで狙ってみるのが正解です。

この時期のマダイはよく居食いするので、打ち返しをするときは聞き合わせしながら上げてください。

そうすると、アタリがないのに食っていることがありますよ。

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメするマダイ船はこちら!

【関東マダイ船】人気ランキング

【関東マダイ船】価格ランキング

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

人気記事