PR

会員登録(無料)

ログイン

マダイのエア抜きのコツ~ハリはどこから入れるのが正解?これでマダイを元気に生かす!~

船釣りマガジン 編集部

お正月になると、祝膳を飾るにらみ鯛の確保に忙しくなりますね。

なかなか手に入らないときは、初釣りで狙ってみるのもひとつの手です。

この時期のマダイは越冬に備えて体にたっぷり脂を蓄えているため、とても美味しいですよ。

釣ってきたマダイのお腹を開いたとき、内臓の周りが白い脂で覆われていたら、そのマダイは間違いなく美味しい証拠です。

マダイってどんな魚?

深場から釣り上げたマダイはお腹がパンパン!

水温が下がり始めるとマダイは水温の安定した深場へと落ち、その場所で越冬します。

そのためこの時期に釣れるマダイは、普段よりも深いポイントにいることが多いです。

紀州では浅いところでも40~50m、もっと深い場所だと100m近くあるポイントで釣ることもあります。

そのような場所で釣れたマダイは、上げる途中の水圧の変化についていけず、水面に浮いたときにお腹が膨れて上がって来ます。

これをそのままイケスに放り込むと、体のバランスが取れずに膨れたお腹を上にして苦しげに泳ぐのです。

このまま長時間放置しておくと、死んでしまうこともあるので注意する必要があります。

マダイにストレスを与えず、鮮度を保つのが“エア抜き”!

深場で掛けたマダイを釣り上げるときはできるだけゆっくり巻き上げ、魚が水圧の変化についていけるようにしてあげると良いでしょう。

ところが、掛けた魚はバラさないうちに早く取り込みたいというのは釣り人なら誰しも思うことです。

そして、つい速めにリールを巻いてしまいます。

そこで試したいのが、膨れたマダイのお腹から空気を抜いてやることです。

エア抜きの道具は釣具屋さんでも販売しているので、ひとつ持っておくと良いでしょう。

ハリの刺し方をマスターしてマダイのエア抜きを攻略!

マダイのエア抜きをするとき、勘違いしてエア抜きのハリを肛門から入れる方が多いようです。

読者のみなさんの中にも、浮き袋は腸のところにあると思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、肛門からハリを入れると間違いなく腸そのものを傷つけてしまい、空気は抜けないまま魚が弱ってしまいます。

正解は、肛門の1cmほど後ろに小さく膨れた部分があるので、そこからハリ先を入れ斜め上方に刺していくと浮き袋に届きます。

胸ビレの後ろあたり、空気で膨れている部分を指で押さえながら抜いてやるとうまくいきますよ。

このようにして上手に空気を抜いてやると、マダイはイケスに放り込んだ瞬間から元気に泳ぎ回ります。

美味しく食べるために魚を上手に生かしておく、これも釣りの腕のひとつではないでしょうか。

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメするマダイ船はこちら!

【関東マダイ船】人気ランキング

【関東マダイ船】価格ランキング

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

人気記事