PR

会員登録(無料)

ログイン

カサゴってどんな魚?釣り方や毒の危険性を徹底解説!カサゴに刺されないための対策もご紹介します

船釣りマガジン 編集部

ロックフィッシュの代表格・カサゴ。

関西ではガシラという呼び名で親しまれる、堤防釣りにお馴染みのターゲットです。

そんなカサゴは、実は毒魚であることをご存知でしたか?

今回はカサゴの特徴や釣り方に触れ、毒の危険性や対処法についてもご紹介します。

後半では、カサゴに刺されないための対策や万が一に備えた対処法も解説していますので、釣りに行く前に必読です!

カサゴとは

カサゴとはカサゴ亜目メバル科に属する海水魚です。

体長は30cm程度の小型の魚で、全体的に赤褐色や黒っぽい体色をしています。

体のわりに頭部が大きいのが特徴で、顔周りやヒレにはトゲが付いています。

このトゲの部分には毒が含まれていますが、基本的には微量なのでさほど心配する必要はありません。

生息域は北海道南部から東シナ海で、水深200mまでの岩礁付近や沿岸部を好みます。

特に根と呼ばれる海草の多いところや波消しブロックの隙間、波止の壁際などに潜んでいることが多く、中には棲家を転々とする個体もいるようです。

カサゴは小魚や甲殻類をエサにする夜行性の魚で、夜になると棲家である穴から出てきて活発に捕食活動をおこないます。

ちなみにカサゴは日本各地に生息していることから地方名を多く持ち、例えば関西ではガシラ、瀬戸内海周辺ではホゴ、九州ではアラカブという呼び名で親しまれています。

カサゴの釣り方

先に述べた通りカサゴは夜行性なので、夜釣りで狙うのがおすすめです。

釣り場としては漁港の堤防が定番ですが、中でも外洋に面した潮通しの良い場所が特に釣りやすいポイントになります。

テトラと壁の隙間など、少し入り組んだところを目がけて仕掛けを落とし込みましょう。

穴釣りには、ブラクリ仕掛けにエサやワームを装着したものを用いるのが主流です。

基本的に仕掛けは中層で止めず、底に着地するまで落とします。

ラインにたるみが出たら着底した証拠なので、そのまま放置してカサゴのアタリを待ちます。

ラインが張った状態になればカサゴが食い付いている可能性が高いです。

カサゴの釣り方については下の記事で詳しく解説しています。

カサゴ釣りにおすすめのタックル

ロッド

アブガルシア(Abu Garcia) メバリング ロッド スピニング ソルティーステージ メバル STMS-762ULT-KR メバル スピニングロッド 2ピース 釣竿

アブガルシア(Abu Garcia) メバリング ロッド スピニング ソルティーステージ メバル STMS-762ULT-KR メバル スピニングロッド 2ピース 釣竿

最安値価格
¥12,560(amazon)

Amazonへ ¥12,560

楽天市場へ ¥14,245

Yahoo!へ ¥12,560

アブガルシアからリリースされているスピニングロッドです。

穴釣りだけでなくキャスティングが必要な釣り場にも適しており、汎用性の高さが魅力です。

全長は2.29mとやや長めですが、コンパクトに収納できるので持ち運びにも便利です。

自重も97gと軽量で、キャストを繰り返すシチュエーションでも疲れを気にせず使い続けられます。

ロッドティップに反応が出やすいので、カサゴのアタリをしっかり捉えてランディングに持ち込めます。

高機能ながらも手に入れやすい価格帯でコスパに優れているため、初心者の方にもおすすめです。

リール

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT1000S

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT1000S

最安値価格
¥8,899(楽天市場)

Amazonへ ¥9,801

楽天市場へ ¥8,899

Yahoo!へ ¥9,849

ダイワからリリースされている汎用スピニングリールです。

カサゴ狙いのロックフィッシュゲームはもちろん、様々な釣法に使い回すことができます。

滑らかな巻き心地に定評があり、スムーズに仕掛けを回収できるのが魅力です。

アタリを取りやすくライントラブルも抑制してくれる、基本スペックの高いリールと言えます。

自重も180gと軽量で扱いやすく、手返しの良い釣りを実現できます。

危険な毒を持つカサゴの仲間

カサゴが属するカサゴ亜目には、他にも様々な魚が分類されます。

基本の体型はよく似ていますが見た目に違いがあり、種類によって毒の強さや危険性も異なります。

今回は、その中でも特に気をつけておきたい代表的なカサゴの仲間を4種類ご紹介します。

ハオコゼ

ハオコゼ科に属するハオコゼは、カサゴよりも少し小さい体型をしており、穴釣りでよく目にする魚です。

毒は独特の形状をした背びれに含まれており、刺されると麻痺したような感覚に襲われます。

痛みは比較的軽く数時間で治まりますが、刺された部位やその日の体調によっては長引くこともあるため、場合によっては病院で診察を受けましょう。

ハオコゼに触れるときは、軍手などを着用することが大切です。

ハオコゼについて詳しくは図鑑でチェック!

オニカサゴ

オニカサゴはフサカサゴ科に属する魚で、深場に生息する船釣りに人気のターゲットです。

毒性は一般的なカサゴよりも非常に強く、刺されると患部が真っ赤に腫れ上がります。

激しい痛みも数時間続き、ひどい場合は呼吸困難を引き起こすこともあります。

魚体にむやみに触らないことはもちろん、念のため釣り場にはポイズンリムーバー(=毒を搾り出すキット)を持参しておくと安心です。

オニカサゴについて詳しくは図鑑でチェック!

ミノカサゴ

ミノカサゴは、オニカサゴと同じくフサカサゴ科に属する魚です。

優雅な泳ぎ姿が印象的で、長く綺麗なひれを持つことで知られています。

その美しさからダイビングでも人気の魚ですが、ひれには強い毒があるので絶対に触らないようにしましょう。

ミノカサゴに刺されると激痛が走り、長引くと数時間~数週間痛みが続きます。

また、吐き気やめまいを伴うこともあるので注意が必要です。

ミノカサゴについて詳しくは図鑑でチェック!

オニオコゼ

オニオコゼはオニオコゼ科に分類され、高級魚としても人気が高いです。

しかしその毒性は非常に強く、これまでご紹介したカサゴ亜目の魚とは比べものにならないほど危険です。

刺されると患部が大きく腫れ上がり、数時間は激しい痛みが引きません。

最悪の場合呼吸困難や痙攣を引き起こし、救急車を呼ぶ事態にもなりかねないので十分注意する必要があります。

釣り上げても絶対に素手で触らないようにし、扱う際はフィッシュグリップなどを活用してください。

オニオコゼについて詳しくは図鑑でチェック!

カサゴに刺されないための対策

種類によっては強い毒性を持つカサゴですが、釣りのターゲットとしては根強い人気を誇っています。

また、アジングやメバリングなどでハリに掛かってくることも多く、比較的釣りやすい魚と言えます。

毒の強さにかかわらず、カサゴが釣れたときは素手で触れないことが大切です。

釣りの最中は軍手やフィッシュグローブなどを着用しておくと、知らぬ間に触れて刺されることも防げます。

さらに、フィッシュグローブにはラインが指に食い込むのを防いだり、日焼けや防寒の対策になったりと様々なメリットがあるため、普段から釣りをする際は装着しておくことをおすすめします。

手をカバーしていてもカサゴのトゲが心配という方は、フィッシュグリップやトングで魚体をつかむと安心です。

人間の体温に触れないぶん魚の鮮度も保たれるので一石二鳥と言えます。

口が大きいカサゴには、開閉式のフィッシュグリップが最適です。

ちなみに釣ったカサゴを家に持ち帰る場合は、その場で危険なトゲを取り除いてしまえば安心です。

特に鋭く尖ったトゲは刺さりやすいので、根本からハサミでカットしましょう。

釣り場に持参するハサミは、魚を締めるときやラインを切るときにも便利な万能ハサミが重宝します。

編集部イチオシのアイテムはこちら!

ダイワ(DAIWA) フィッシンググローブ 防寒オフショアパワーグローブ ベルトタイプ ブルー XL DG-7221W

ダイワ(DAIWA) フィッシンググローブ 防寒オフショアパワーグローブ ベルトタイプ ブルー XL DG-7221W

最安値価格
¥5,236(amazon)

Amazonへ ¥5,236

楽天市場へ 取扱なし

第一精工 フィッシュグリップ ワニグリップMC ブラック フィッシュクリップ フィッシングプライヤー フィッシンググリップ 釣り

第一精工 フィッシュグリップ ワニグリップMC ブラック フィッシュクリップ フィッシングプライヤー フィッシンググリップ 釣り

最安値価格
¥1,350(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,382

楽天市場へ ¥1,419

Yahoo!へ ¥1,350

SK11 万能はさみ ロング SML-200 作業用・大工用・アウトドア用

SK11 万能はさみ ロング SML-200 作業用・大工用・アウトドア用

最安値価格
¥1,406(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,480

Yahoo!へ ¥1,406

カサゴに刺されたときの対処法

カサゴに刺されたら傷口を水で洗い流し、患部の周りを強く押して毒素を絞り出すことで応急処置できます。

もしもトゲが残っていれば、水で洗い流した後に慎重に取り除いてください。

ちなみにカサゴの毒はタンパク質系なので熱に弱い性質があり、患部をお湯で温めるのも効果的です。

基本的にはカサゴに刺されても数時間で腫れや痛みは自然に引いていきますが、なかなか治らない場合や呼吸困難・痙攣を伴う場合は、ためらわずに医師の診察を受けましょう。

きちんと対策してカサゴ釣りを楽しもう!

今回はカサゴにフォーカスし、毒の危険性を詳しくご紹介しました。

身近な釣り場でよく見かける魚だからこそ、正しい知識を身につけておくことが大切です。

軍手やフィッシュグリップなどのアイテムをうまく活用し、安全に釣りを楽しみましょう!

カサゴについて詳しくはこちらの記事をチェック!

この記事に関するよくある質問

カサゴの毒について教えてください。

カサゴの顔周りやヒレにはトゲが付いており、この部分に毒が含まれています。基本的には微量なのでさほど心配する必要はありませんが、種類によっては強い毒性を持つものもいます。カサゴに刺された場合の症状としては、患部の腫れや痛みを生じることがほとんどです。

カサゴに刺されないためにはどうすれば良いですか?

毒の強さにかかわらず、カサゴが釣れたときは素手で触れないことが大切です。釣りの最中は軍手やフィッシュグローブなどを着用しておくと、知らぬ間に触れて刺されることも防げます。手をカバーしていてもカサゴのトゲが心配という方は、フィッシュグリップやトングで魚体をつかむと安心です。

船釣り」カテゴリの人気記事

」カテゴリの人気記事

人気記事