PR

会員登録(無料)

ログイン

東伊豆の秋の名物 浅場で快釣!!夜クロムツ(つちそう丸/東伊豆網代港)

船釣りマガジン 編集部

東伊豆エリアの名物のひとつに夜釣りのクロムツ(ムツ)釣りがあげられる。

釣り上げると浮き袋が膨らみ、お腹がプックリ膨れた姿から当地ではハラブト(腹太)と呼ばれており、魚姿に似合わぬ強いアタリは釣って楽しく、刺身、煮つけ、焼き物どれも抜群の食味とあってこの釣りの開幕を待ちわびているファンも多い。

この東伊豆の夜クロムツ釣りの老舗船宿といえば、網代港のつちそう丸だ。

8月に入りいよいよ乗合船をスタートさせたとのことで、お盆休みを利用して8月11日にさっそく出かけてみた。
 
17時前、乗船準備が整ったところでお客さんの名前が呼ばれ、船長から釣り座を指示される。

事前リサーチでは釣況は芳しくないとのことだったが、右舷に9名、左舷に8名と釣り座は満席。

改めてこの釣りの人気っぷりに驚かされる。

各釣り座にはバケツ一杯の氷と付けエサのサバの切り身、そして魚つかみ用のトングが配付されている。

船ベリにはロッドキーパーも設置されているので、乗り込んだらそれにタックルをセットすれば準備完了だ。

手際よく準備が整い、17時過ぎに釣り場の初島沖へ向けて出船となった。

釣行の写真

夕景を眺めながら17時ごろ出船。

特大サイズが出た

「仕掛けのハリ数は3本までを厳守してください」と船長からアナウンス。

サバによるオマツリ軽減と手返し効率重視のためである。

船は20分ほど走らせて釣り場に到着。

水深は60~100mの範囲と日中のクロムツ釣りより半分以上も浅い。

「ハイッ、やってみて。タナは上から70mです」と開始の合図が出される。

クロムツというと底付近を探る釣りといったイメージがあるが、捕食のため夜間に浅場へ上がってきたクロムツはタナが底から15mも上ずることが珍しくない。

誘い方はゆっくりスーッと枝間分シャクリ上げて元の位置に下ろす。

アタリがなければ1m巻き上げ、同じ動作を繰り返す。

いったん引っ張り上げられたエサが潮に馴染みながらフワフワと上から落ちてくるイメージで誘うのがよい。

また、竿を小さく上下に動かしながら、幹糸に枝スが張り付かない程度のスロー速度で誘い上げていくのもいい。

私のような横着な人は竿をロッドキーパーにかけたまま、速度1の超スローな電動巻きで探り上げていくのも手だ。

いずれにしろ、根気よく上へ上へと指示ダナ上限まで誘いつつ探ることがアタリを量産するポイントだ。

アタリは明確にガツガツッと竿先がたたかれる。

向こう合わせでも掛かるが、竿を起こすように合わせを入れ、しっかりフッキングさせたほうがバラシが少ない。

活性が高い状況であればすぐに巻き上げず追い食いを狙ってもいいが、食いが渋いときは1尾ずつ確実に釣り上げたほうが賢明だ。

さっそく船中数名にアタリが到来したが、上がってきたのは25cm前後のオキメバルだ。
 
19時になり集魚灯にスイッチが入ると、「後ろでデカいクロムツが上がりましたよ!」と仲乗りさんから声がかかる。
 
40cmくらいかな?なんて思いながらカメラを持って駆けつけると、右舷大ドモの高橋さんがとんでもないサイズをぶら下げていた。
 
60cm2.5kg。

深場のクロムツならまだしも、標準和名ムツでこのサイズはまさに規格外だ。

釣行の写真

夜釣りとはいえ集魚灯をつけるため船上は意外と明るい。

釣行の写真

当日最大60cm、2.5kgのクロムツ(ムツ)が60mダチの浅場で登場。

釣行の写真

底から10m上までタナを探る。

後半に上向く

時間経過とともにサバとスミヤキ(クロシビカマス)のアタリが多くなってきた。

「釣れたサバを切ってエサに使うと食いがいいからやってみて」と船長からアナウンスが入る。

皆さん心得ており、さっそく持参しているナイフでカットしてエサ付けし投入すると、その効果があってか、右舷胴の間のお客さんが本命クロムツを釣り上げた。

いい反応はあるものの、なかなか集魚灯の明かりに着かないようで、船長はこまめに船を流し変え、その都度底の地形や指示ダナの変化を細かくアナウンスしている。

「やったー!釣れた!」と右舷トモ側から可愛い歓声が聞こえてきた。

小学3年生の平野湊君がお父さんと力を合わせて本命をゲットすると、満面の得意ポーズをキメてくれた。

これが起爆剤となったのか後半はクロムツの活性が高まり、船中あちこちでガツガツッと竿がたたかれ始めた。

左舷ミヨシの小池さんは夜クロムツ初挑戦ながらも根気よく誘い続けトップとなる4尾をゲット。

右舷2番の根本さんも新鮮なサバのタンザクを使って4尾釣り上げ、左舷4番の田城さんはダブルを披露する。

私も撮影の合間に置き竿超スロー電動巻き上げで誘ってくると、本命のクロムツと40cm超の大アジが上がってきた。

まだ型を見ていなかった右舷4番の長江さん、左舷2番の篠原さんも納竿間際に駆け込みセーフで本命クロムツを手にした。

プチ盛り上がりしていただけに後ろ髪を引かれる思いだったが、22時50分に沖揚がりとなった。

当日のクロムツの釣果は25~30cm主体に60cmサイズも交じえて0~4尾。

ほかにサバ、スミヤキ多数とメバルなどがゲストとして交じった。

釣果としては芳しくなかったが、反応は終始見られたので、あとは潮次第だろう。

昨年のデータを見ると、9~10月は大半の日がトップ30~40尾台の釣果をマークしている。

本格シーズンはこれからだ。

釣行の写真

小学3年生の男の子も本 命ゲット。

釣行の写真

スミヤキ(クロシビカマス)とクロムツのダブル

釣行の写真

(左)後半に追い上げました。(右)アタリがきたタナを集中して狙おう。

知っ得!特エサは釣りたてのサバ

釣りたてのサバは皮表面がオーロラ色の輝きを放ち最高の特エサになるので、もし釣れたらカットしてエサにすることをおすすめする。

クロムツに効果があるのは確かだが、サバにも効果絶大なのであまりにもサバが掛かるようなら船宿エサに戻す。

船上でサバをカットするときはさばいたときに出るあらがサメを寄せてしまうので、バケツなどに溜めておき、帰港途中に釣り場を離れたところで捨てよう。

釣行の写真

よく切れるナイフをお忘れなく!

Tackle Guide

船宿仕掛けは捨て糸がなく、一番下の親子サルカン下にダブルスナップを付けオモリを直結にしているのが特徴。

捨て糸がない分、仕掛け全長が短いので吹き流しの状態でも投入できる。

おすすめの仕掛けはこちら!

ハヤブサ(Hayabusa) シングルフック 小袋バラ鈎 ムツヒネリ無し ケイムラ 17号 20個 白 B185P1

ハヤブサ(Hayabusa) シングルフック 小袋バラ鈎 ムツヒネリ無し ケイムラ 17号 20個 白 B185P1

Amazonへ 売り切れ

ヘラクレス(HERCULES) peライン 色落ちしない 4本編み 釣り ライン 遠投 PE 釣り糸 高強度 PE釣糸 高感度 釣り用 ライン 柔軟性 伸びない pe 糸 投げ釣り 海釣り 船釣り アジング エギング 汎用性 道糸 劣化しにくい 高耐久性 柔らかい 釣糸 100m 0.2号 (2.7kg/6lb 0.08mm)

ヘラクレス(HERCULES) peライン 色落ちしない 4本編み 釣り ライン 遠投 PE 釣り糸 高強度 PE釣糸 高感度 釣り用 ライン 柔軟性 伸びない pe 糸 投げ釣り 海釣り 船釣り アジング エギング 汎用性 道糸 劣化しにくい 高耐久性 柔らかい 釣糸 100m 0.2号 (2.7kg/6lb 0.08mm)

最安値価格
¥799(amazon)

Amazonへ ¥799

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【伊豆半島(静岡県)・クロムツ船】人気ランキング

【伊豆半島(静岡県)・クロムツ船】価格ランキング

【隔週刊つり情報(2022年9月15日号)※無断複製・転載禁止】

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 8月1日号 No.1102」
7月12日(金)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
夏休みを釣り尽くそう船釣り
サマーホリデー
  • ◎ ライトアジ
  • ◎ シロギス
  • ◎ 夜メバル・カサゴ

夏休み目前!
お得な割引&キャンペーン情報

第2特集
鹿島の夜マルイカ&
石廊崎沖のスルメイカ
夏イカ2選
第3特集
何が釣れるかお楽しみ沼津の
泳がせ&落とし込み五目
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事