PR

会員登録(無料)

ログイン

[なおちゃんねる(第21回)]にぎやか釣果で10目達成!? 楽しいライトヒラメ五目

隔週刊つり情報編集部

読者の皆さま、こんにちは。

なおちんこと井上直美です。

第21回なおちゃんねるは三浦半島佐島の鶴丸さんにお世話になってライトヒラメ五目釣りを楽しんできました。

プロフィール

井上 直美(いのうえ なおみ)

アルファタックルフィールドスタッフ。

ドクモスカウト2014 グランプリ、第4代ツリタガ~ル。

“ なおちん” の愛称で親しまれる。

釣行の写真

釣り場は佐島沖を中心に浅場で水深1 5 ~2 0m前後、深場で水深50~60mくらいまでを狙う

関東近郊でヒラメ釣りというと外房や茨城などのイメージなんですが、実は相模湾でもヒラメ釣りができると知ってぜひ行ってみたいなと思いました♪

このエリアでのヒラメ釣りは初めてなので鶴蒔英紀船長に仕掛けのセッティングなどを聞いてみると、ハリスは4号程度となるべく細いものを使用して、親バリのみの仕掛けがオススメとのこと。

孫バリが付いていてもいいのですが、狙うポイントが根の点在する場所が多く、魚が食っても孫バリが根に引っ掛かってしまう可能性があるそうです。

午前7時ごろに出船、まずは港を出てすぐのポイントから。

水深は20mほどなのでオモリは25号、エサの生きイワシは外れにくい上アゴ掛けにしました。

しかしスタートしてから数時間たっても全くアタリがありません。

そこでイワシを鼻掛けに付けてみました。

鼻掛けはイワシがハリから外れやすい欠点はありますが、泳ぐ姿勢がよくなるそうです。

これがよかったのかは分かりませんが、すぐにアタリがあってゲストのカサゴが釣れました。

その後もさっきとは違いアタリは出るもののなかなか食い込んでくれず、釣果は本命釣れずのカサゴ2尾。

このままでは終われないと翌日もチャレンジさせていただきました。

釣行の写真

カサゴは30cmオーバーの大型!

難しくない!ライトヒラメ五目その一 タックル&仕掛け

使用オモリは25~40号前後なのでタックルは7:3調子のゲームロッドなどでOK。

船宿仕掛けはハリス4号の1本バリだが、一般的な親孫式のヒラメ仕掛けでもいい。

ラスト5分で本命ゲット!

昨日の反省点を踏まえいざ出船。

アタリはあるのになかなかハリ掛かりしてくれなかったので、根掛かり覚悟で孫バリを付けてみることにしました。

また、違和感を少しでも感じるとエサを放してしまうので、アタリがあってからはテンションをかけずに道糸を送り込んで食べやすくする作戦です。

これがよかったのか、水深40mとやや深めのポイントでスタートすると、開始早々にゲストのアヤメカサゴ、エソ、イネゴチと連続で釣れてくれました。

途中、気分転換にとテンビン仕掛けに替えてキントキ釣りもさせていただきました。

キントキはヒラメポイントの上層に反応が出ているときに狙うことがあるそうですが、引きが強くとっても楽しい釣りでした。

しかし、まだ本命のヒラメが釣れていな~い……にもかかわらず、鶴丸さんの優しいご好意で毎回お昼になるとカップラーメンを出してくれるうれしいサービス、寒い心と身体に染みますね。

すると、今日一番の本命っぽいアタリがありました。

食い込むまでじっくり焦らず待つこと3分!

やっと穂先がグイ~ッと持っていかれたのでしっかりと合わせを入れます。

途中で強い引き込みもあり、釣れたのはなんと2kg近いアオハタ! 

あまりの大きさにビックリしちゃいました。

気づけば釣り時間は残り5分。

いきなり竿先がグイグイと引っ張られるアタリがありました。

今までとは明らかに違うヒラメ特有の引きに目の色が変わり真剣モード。

絶対に逃げられたくなかったので、エサを食べやすいようにリールのクラッチを切って道糸をフリーにして、アタリが止まったタイミングでゆっくり竿を上げて、またトントンと竿先をたたいたらテンションを緩めてイワシを食べやすくしました。

なかなか食い込まないけど、焦らずヤリトリしているとやっと強いアタリになり、最後の最後に念願のヒラメを釣り上げることができました。

今回はシーズンが始まったばかりでとってもテクニカルでしたが、考え抜いて答えが出たので釣り上げたときはかなり爽快でした。

これから暖かくなるにつれて状況もよくなってくるそうなので、ぜひ鶴丸さんでライトヒラメ釣りにチャレンジしてみてくださいね。

釣行の写真

30分ほどで5~6尾をゲット

釣行の写真

砂地に根が点在するようなポイントが多い

釣行の写真

船上計測で約1.6kg、このサイズのアオハタは船長も初めて見たとか

難しくない!ライトヒラメ五目その二 エサ付けと投入

エサは生きたマイワシ。

口掛け、鼻掛けどちらでもいいのでイワシを弱らせないよう手早く付けよう。

難しくない!ライトヒラメ五目その三 合わせはじっくりと

ヒラメ釣りに早合わせは禁物。

アタリがあっても慌てずに、竿先が強く引き込まれるまでじっくり食い込ませよう。

Nao's Kitchen

ヒラメ以外にもたくさんの魚を釣ることができたので単体料理、 五目ミックス料理など作ってみました。

ズボラなのでそれほど手が込んでいませんが、彩りなどは女子らしく(笑)。

初めて食べる魚もいてとっても新鮮でした♪

INFORMATION

三浦半島佐島港 鶴丸

備考=予約乗合、6時半集合。ほかコマセ五目、ティップランなどにも出船

つり情報チャンネルで動画も公開中

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【三浦半島(神奈川県)・ヒラメ】人気ランキング

【三浦半島(神奈川県)・ヒラメ】価格ランキング

隔週刊つり情報(2022年3月15号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 3月1日号 No.1092」
2月15日(木)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
早春の
船釣りフェスタ
  • ◎ 三浦半島のマルイカ
  • ◎ 外房のサバ&ヤリイカ
  • ◎ 日立の一つテンヤマダイ
  • ◎ 相模湾のフグ
  • ◎ 東京湾のメバル・カサゴ

青物クーラー事情

第2特集
釣りフェスティバル2004で見つけたほしい!買いたい!!
最新釣具
カラー特集
今が釣りどき! 食べどき!!寒サバ
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事