PR

会員登録(無料)

ログイン

外房名物カモシ釣り マダイ&ヒラマサ好調

隔週刊つり情報編集部

5月27日、外房勝浦興津港の第二沖合丸から、開始したばかりのカモシ釣りにチャレンジした。

前日は船長がマダイを2ケタ釣っており、これなら土産は確実のように思われた。

4時半に集合し、釣り座は船長の指示で右トモに入る。

片舷5人ずつ、10名の乗船者を乗せて5時15分ごろ出船。 

勝浦沖の水深55mに到着し、指示ダナ30mで釣り開始となる。

船宿支給のサンマエサを付けた仕掛けを投入。

指示ダナより5m下ろし、ハリスがなじむのを待って3回に分けてコマセ(サンマのミンチ)を振り出しながら29mまで巻き上げて1分待ち、道糸を1m引き出して指示ダナに合わせる。

3分後に一度竿を振り、5分たったら仕掛けを回収して入れ直す。

これを繰り返す。

6時半に右胴の間の方が3kgのマダイ釣り上げると、さらに30分後に2kgを追釣。

8時に左トモの方が1kg、右胴の間の方が3枚目を上げたところで8時半にヒラマサ狙いに変更となる。

マダイのお土産を確保できなかったので、後半のヒラマサで挽回したい。

5年ぶりのヒラマサ

勝浦沖の水深50m、指示ダナ34mで再開。

持参した小型のヤリイカを付けた仕掛けを投入し、マダイと同様の釣り方を繰り返していると私にヒラマサらしきアタリ。

しかし5年ぶりの強烈な引きにドラグを締め過ぎたまま電動スイッチを入れたので、巻き始めた瞬間にバレてしまう。

どうやら活性が上がってきたようで、今度は隣のベテランの方にも強烈なアタリ。

見事なヤリトリで上がってきて船長が差し出すタモに収まったのは14.25kgのヒラマサ。

こんな大きなヒラマサは初めて見た。

さらに右ミヨシの方にアタったがこちらはバラシ。

あきらめかけた10時過ぎ、私の竿に再度ヒラマサらしきアタリ。

引きからして先ほどよりは小さそうなので落ち着いてヤリトリを開始する。

しかしバラシが心配で電動のスイッチは入れずに手で巻き上げていく。

「電動のほうが早く上がりますよ~。上がってきたら竿をかけて袋はコマセオケに入れない。半歩動いてスペースを作る」と船長からのアドバイスを受け、無事に3.6kgのヒラマサを釣り上げることができた。

今シーズンは始まったばかり。

次はマダイはもちろん、10kgオーバーの大マサを目指して釣行するつもりだ。

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

【外房(千葉県)・ヒラマサ】人気ランキング

【外房(千葉県)・ヒラマサ】価格ランキング

隔週刊つり情報(2023年7月1号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 8月1日号 No.1102」
7月12日(金)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
夏休みを釣り尽くそう船釣り
サマーホリデー
  • ◎ ライトアジ
  • ◎ シロギス
  • ◎ 夜メバル・カサゴ

夏休み目前!
お得な割引&キャンペーン情報

第2特集
鹿島の夜マルイカ&
石廊崎沖のスルメイカ
夏イカ2選
第3特集
何が釣れるかお楽しみ沼津の
泳がせ&落とし込み五目
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事