PR

会員登録(無料)

ログイン

小型主体も数は十分!富津の食わせフグ順調(川崎丸/内房富津港)

隔週刊つり情報編集部

9月4日、このところ釣果が上向いてきた湾フグ釣りに会社同僚の上塚さんと内房富津港の川崎丸へ釣行した。
 
5時過ぎに船宿に到着。

入り口横にある番号札を取り、受付を済ませ船着き場へ。
 
乗船後、左舷ミヨシ5番に上塚さん、6番に私が入った。
 
釣り座に着くとエサのアマエビが配られているので、まずは殻剥きから始める。

頭を取ってから胴体の殻を剥き3~4等分にカット。

30分ほどかかってようやく付けエサの仕込みを終えた。
 
6時になり、我われを含む24名を乗せて出船。
 
船は25分ほど走って富津南沖へ到着。

当日は北風がやや強く波が少々ある状況だ。

「水深は10m前後。根掛かりが多いので気をつけてください」と船長からのアナウンス。
 
着底したら糸フケを取ってリールを一巻きし、根掛かりに注意しながら底を意識しつつも、宙で誘いアタリを待つ。
 
コツッというアタリ。

小気味よい引きで上がったのは15cmほどのショウサイフグ。
 
隣の上塚さんも一投目から小型のショウサイフグをキャッチ。

周りの方もポンポンと釣り上げており幸先のよいスタートを切った。
 
10cm程度の小型も多いので、仕掛けを常に動かすように誘いを入れないとすぐにエサを取られてしまう。
 
このポイントはリリースするか悩むサイズがメインとなり、微妙なサイズをリリースしていると半分くらいしか手元に残らない。

数釣りを堪能

開始から1時間経過し、私は単発ながら入れ食い状態で20尾ほど釣り上げたが、上塚さんは時折ダブルを交え25尾と順調に釣っている。
 
しばらくするとアタリが遠くなってきたため、ポイントを移動する。
 
このころからアタリが渋くなり、船中ポツポツといった状況になってしまう。

そのためオモリを底に着けたゼロテンションで釣る方法に変更した。

すると15cm以上のサイズが多くなったが、依然としてアタリは遠い。
 
船長は流し変えを繰り返していい群れを探しているようだが、1時間経過しても好転せず、大きくポイントを移動。 

20分ほど走り、今度は水深12~13mのポイントに到着し、すぐに1尾釣れたが後が続かない。
 
11時過ぎになってようやくいいポイントにハマったのか頻繁にアタリが出るようになってきた。
 
小型をリリースしつつ釣り続けるとエサがなくなったので、追加のエサを船長から購入し再スタート。

すると次第にキープサイズがポツポツと釣れ出した。
 
これから上向くかと思われたが、残念ながら13時の沖揚がり時間となった。
 
当日は13~34cm(最大はヒガンフグ)が一人14~70尾。

私は48尾で上塚さんは50尾と上々の釣れ具合だった。

当日のフグ仕掛け

隔週刊つり情報(2022年10月15日号)※無断複製・転載禁止

船での沖釣りを中心に季節の釣り情報が満載!

隔週刊誌 つり情報

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容でお届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

公式HP・SNSをチェックしよう

  • つり情報公式HPへ
  • つり情報公式Facebookへ
  • つり情報公式Youtubeへ
  • つり情報公式twitterへ

公式youtubeチャンネルでは、
誌面連動動画いつでも観れます!

最新号はこちら!

「つり情報 3月1日号 No.1092」
2月15日(木)発売

つり情報 最新号はこちら

定価690円

巻頭特集
早春の
船釣りフェスタ
  • ◎ 三浦半島のマルイカ
  • ◎ 外房のサバ&ヤリイカ
  • ◎ 日立の一つテンヤマダイ
  • ◎ 相模湾のフグ
  • ◎ 東京湾のメバル・カサゴ

青物クーラー事情

第2特集
釣りフェスティバル2004で見つけたほしい!買いたい!!
最新釣具
カラー特集
今が釣りどき! 食べどき!!寒サバ
沖釣りカレッジ26
晴山由梨の
ライトアジ教室

最新号はお近くの書店または釣具店でお買い求め下さい。

オトクな定期購読情報はこちら

オトクな定期購読情報はこちら

定期購読

電子書籍でも今すぐチェック

  • App Storeからつり情報公式アプリをダウンロード
  • amazon kindleでつり情報をチェック
  • dマガジンでつり情報をチェック
  • 楽天マガジンでつり情報をチェック

船釣り」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

人気記事